キャリアアドバイザー

疋田和哲(元日本代表アスリート→人材最大手の営業&人事→キャリアアドバイザー)

株式会社キャリアドア

■自己紹介
20代~30代前半に特化した人材紹介会社経営。中央大学法学部卒業後、リクルートに新卒入社。企業の採用支援を数千社担当。自社の新卒人事を2年経験。22年の人材ビジネス経験を活かし起業。
■得意領域
・営業職、コンサル職、事務管理職(バックオフィス)
・20-30代前半
・未経験/微経験層~キャリアアップ層まで
お預かり求人は東阪名の順で多いですが、地方案件もございます。1万件の依頼の内、6-7000件は関東圏。大阪の社名非公開求人も多数あり。
■特徴
・伴走型サポート
 →オンライン面接対策や面接同行(同席)など
 →土日や平日夜間も相談可
・履歴書/職務経歴書の添削アドバイス
 →サポートで通過率200%以上を推移中

人材紹介の立場として、また企業側の人事の内部の内部を知り尽くした立場として、求職者に寄り添えるサポートが強みです。

  大阪府 大阪市

  https://career-door.co.jp/

対応地域

全国

専門業種

管理部門・事務・企画,

セールス・営業,

サービス・店舗・販売,

ITエンジニア(システム開発、インフラなど),

クリエイティブ・広告・マスコミ,

専門職(コンサルタント、金融、不動産、士業),

電気、電子、機械技術者,

建築・土木技術者,

専門領域

新卒,

若手,

マネジメント層・プロフェッショナル,

就職・転職支援を申し込む

回答 21 件
新社会人で早くも挫折しています。仕事についていけないことと人間関係のことがあります。 4月から社会人になったのですが、同期もいないし、まだまだ仕事に慣れなくて覚える事だらけで頭がいっぱいです。 最近では先輩方に注意やきつい言葉など受けて自信をなくしていて、お昼のときなどもみんなの会話に入っていけず辛いです。直ぐに職場に馴染める人もいるでしょうが、私はコミュ力に自信がないのでそうはいきません。 この先も馴染めない職場でやっていかなければいけないと思うと本当に辛いです。 自分の仕事をするということへの考えが甘いのはわかっています。 もう少しは頑張るつもりでいますが、もしどうしても耐えられなくなったら、辞めてしまっても構わないでしょうか。
2021/05/01 19:40

初めまして。 心身に影響が出る前に辞めてしまって良いと思います。 ただ、次が心配です。 ・頭いっぱいいっぱいにならないように、またより覚えていけるように、どのような工夫をしましたか? ・注意されたとき、感情と切り離して考えましたか?改善点はどのような部分でしたか? ・馴染めない原因はどのような部分ですか? など、建設的に考え行動を変えていけるか、そういう意味で次が心配です。 これらどう考えてどう行動していくか(コンピテンシー)、次の職場でも同じだったりするので、職場の人や環境など他責思考のかたは、どこでも難しいとよく聞きます。 上記などすでに実行済のことも多いと思いますが、もう1段も2段も掘り下げて、建設的にできることをやって、それから考えていけば良いと思います。 加えて、第二新卒市場は引き続き甘くありませんから、そういう観点でも前向きに取り組んでみてください。 応援しています。


就活生です。私はマスコミ業界(特にテレビ局)で働くことに興味を持っています。しかし業界研究をしていくなかで、インターネットやSNSの登場によって、若者を中心にテレビ離れが進んでいて、マスコミ業界の将来を危惧するような情報がいくつもみられました。また視聴者のためではなくスポンサーのための放送になっていて、偏向報道も問題視されているようです。このように志望する業界についてのネガティブな情報を目の当たりにしていると、その業界を志望することを躊躇してしまうのですが、これらについてどう捉えて就活をしていくべきですか?また実際のところ将来性はどうなんでしょうか?
2021/04/30 10:21

新卒時代、民放テレビ局に内定をもらった立場としても僭越ながらアドバイス差し上げます。 結論、テレビ局に興味があるのであれば受けてみてください。 どの業界にも、追い風もあれば逆風もあります。 また時間が経てば(時代が変われば)、事業ごとに追い風も逆風もあります。 テレビ離れなど顕著ですが、各社web放送には十年前程から力を入れていますし、既存事業で何とかやっていこうという戦略は皆無ですから、変えられない環境の中で各社がどのようなことに力を入れているのか把握することは大事です。 また、その状況下で、あなた自身が入社後にどのような活躍をしていきたいのかも重要です。 既存事業だけの為に、新卒を採るということはあり得ません。 先見の目を持ち、事業を一緒にどうしていきたいか、ここが合否のポイントになると思います。 いずれにせよ難関な業界ですが、ぜひチャレンジして頑張ってみてください!


正社員(日給制)のメリットデメリットついて質問です。 ハローワークの求人票を見ていて、雇用形態が、正社員(日給制)と書かれている会社を見つけました。 働く月によっては祝日や連休がある月もありますが、この場合ですと、そういう時は普段の月より給料は低くなるという事でよろしいんでしょうか? その他、通常の正社員と比べ、メリットデメリットは何かあるでしょうか? よろしくお願いします
2021/03/09 01:50

初めまして。 僭越ながら意見させて頂きます。 結論から言いますと、メリットもデメリットも給与面です。 文脈から憶測するに、祝日は業務がない(休日扱い)という事でしょうから 祝日が多ければお給料が少なくなる =収入が月により変動するので、安定しないことがデメリットかと思います。 (こう感じる人も居れば、副業に精を出せるのでメリットと感じる人も居ますので一概に言えませんが) 日給月給制は、繁忙期(繁忙月)には休日出勤手当や残業手当は貰えますが 企業側は固定費を削減する目的でこの給与制度を導入することが多いです。 (ノーワークノーペイの考えに基づいています) 主に労働集約型産業(工場での作業や飲食など)で採用されている給与形態です。 私が知る限り、デメリットを確認・整理するという点で、 ・残業代やボーナス、福利厚生などが整っていない場合がある ・実際に勤務しない日数で、月収例として多くみせる求人掲載がされていることもある ・休んだ場合の給与計算方法(時給換算されていると思います) など、面接や入社前に確認されてみてください。 参考になれば幸いです。 求職活動、がんばってください!


  大阪府 大阪市

  https://career-door.co.jp/

対応地域

全国

専門業種

管理部門・事務・企画,

セールス・営業,

サービス・店舗・販売,

ITエンジニア(システム開発、インフラなど),

クリエイティブ・広告・マスコミ,

専門職(コンサルタント、金融、不動産、士業),

電気、電子、機械技術者,

建築・土木技術者,

専門領域

新卒,

若手,

マネジメント層・プロフェッショナル,