関晃人

飲食業店長

学生時代は居酒屋や飲食店でバイトをしていました。社会人になってからは、都内の有名ラーメン店で修行し3年前に自分の店を構えることができました。まだまだ、半人前ですが今後は都内に自分の店を2〜3店舗ほど出店したいと考えています。

  東京都


回答 6 件
具体的には書けませんが、同じプロジェクトにモチベーションが低く必要以上に仕事をやりたがらない人がいて困っています。 実際に頑張ったからといって給料や出世に関係するわけではありませんので、その人気持ちがわからないでもないです。ただ私は仕事の質をあげて良いプロジェクトにしたいのです。何か相手の仕事のモチベーションを上げる良い方法はありませんでしょうか? ご教授お願い致します。
2019/08/27 06:53

難しいですね。 質問者様の言う「必要以上に仕事をやりたがらない」と言う文言ですが、逆に言えば「必要最低限の仕事はしてる。」と解釈してみますね。 そうすると、質問者様の仕事の質を上げたいという要求は、「必要最低限の仕事をしている人」からしたら、まるで質問者様のエゴを押し付けているような印象を与えてしまうかもしれません。 私は、質問者様の意図の是非は問うつもりはありませんが、相手にとってそれがどのような要求になっているのかを考えるのは大切です。 モチベーションには、2つの種類があります。質問者様が言うような出世や報酬に関わるものを外的な動機づけと言います。 逆に、仕事の質を上げたいというのは内的な動機づけと言います。 質問者様が相手に求めるのは、内的な動機づけであり、内的動機づけを上げるのは一朝一夕では難しいです。 ましてや、個人のホスピタリティの意識に介入するとなると、難しい問題だと思います。 そこで、これからのアドバイスは個人のホスピタリティ向上に関しては完全に無視した集団心理学からのアドバイスをしますね。 集団心理学では、集団にとって働かない人が出現することは、集団を機能させる上で実は効率的で機能的であるとの考え方があります。 アリの世界でも、集団を機能させるため働かないアリが出るように、統計学上集団の中で全体の生産性から見て低い生産性の成員が出ることはごく自然であり、不健全な集団ではないということを前提として覚えておいてください。 その上で、より能率的な集団機能を発揮させるとしたら集団の最適人数というものがあります。 集団の最適人数は6人だとされています。理由は責任の分散性が弱まるからとのことです。 もし、質問者様のグループが大グループであるなら、グループごとに役割を振って、6名以下の小グループに編成するのも良いかもしれません。 そして、個人の内的動機を高めるグループワーク方法にもしかしたら、教育場面で用いられるジグソー学習が有効かもしれません。 ジグソー学習では、グループのメンバーをそれぞれ一つの領域のスペシャリストとして見立てます。 例えば、a〜fの6グループ×4名の合計24名の集団があったとします。 aグループのメンバーは、デザインスペシャリスト、マーケティングスペシャリスト、○○スペシャリスト、○○スペシャリストのように役割を振ります。 その中で、デザインスペシャリストであれば、a〜fから集まる6名のスペシャリストでデザインについての話し合いをします。 他のスペシャリストも同様に話し合います。 各々スペシャリストが話し合った結果は、a〜fの各グループに持ち帰り、フィードバックします。 aグループで話し合った時、各々がスペシャリストとして意見しますから個人の責任性も保たれますし、スペシャリストとしての内的動機づけを得られやすいです。 ジグソー学習は最終的に各グループの総意をa〜fのグループリーダーが持ち寄り、最終的な24名の総意とするします。 もしかしたら、個人に専門性と責任性を与えたら、多少は内的動機に変化があるかもしれないので、参考にしてみてください。


飲食バイト始めて1ヶ月の大学生です。ちょっとしたミスでチーフに激怒され、もう辞めようかと思ってしまいます。正社員と比べて覚えが悪いと思われていますが、こちらとしてはバイトが本業ではなく学業がメインです。相性もあるかと思いますのでチーフと合わないのを理由に辞めてしまってもいいですよね?
2019/08/01 07:55

まずは、理不尽な状況ながら1ヶ月仕事を続けている質問者様、おつかれさまです。 質問者様の質問はとても難しいです。 なぜなら、理不尽というのは質問者様自身が感じている主観的な感情であり、客観的に多数の人が見て理不尽と感じるかが質問状況からは判断できないからです。 まずは、親しい友人や家族に、自分の出来事ではなく誰かの出来事として、仕事の状況を説明して、理不尽だと思うかどうか聞いてみてはいかがでしょうか? もし、周りが理不尽だと感じなければ、質問者様自身にも問題がある可能性もあります。 さて、以下では質問者様の言う理不尽を前提にアドバイスをさせていただきます。 バイトと社会人の決定的な差は、責任の重さです。 バイトは責任が重くないが故に、社会人と比較して仕事を辞めやすいかと思います。 理不尽な出来事は、バイトでも社会人でも同様に起きますが、社会人ではその理不尽から逃げて退職を繰り返すと事態が深刻化し、転職できない就職できないといった事態に発展することもあります。 もし、質問者様が将来的に組織に所属する仕事を考えるのであれば、理不尽は避けては通れないかと思います。 そのため、ここは逆転の発想なのですが、バイトだからこそ理不尽に対する訓練の場だと捉えるのも一つの考え方としてありかもしれません。 様々なコミュニケーションの方法もバイトで学べます。 もしかしたら、理不尽な社員に対してコミュニケーションのアプローチを変えるだけでも態度が変わる場合があります。 ある意味、ノーリスクなのですからいろいろ試してみてはいかがでしょうか? また、個人的には3ヶ月はバイトを続けてみることをオススメします。 なぜなら、一般的な会社の試用期間が3〜6ヶ月で設定されているからです。 逆に言うならば試用期間中の3ヶ月までは仕事に不慣れで余裕がないのは、当たり前だとおます。 言い換えれば、試用期間中が一番覚えることが多くて辛い時期かもしれません。 もしかしたら、3ヶ月が経過した頃には質問者様自身が仕事に慣れ余裕ができ、今とは考え方が変わっている可能性があります。 あまりに、早い退職は今後の人生で辞め癖となり、つきまとうリスクもあるため、一度仕事を始めたらバイトとは言え何かを得るまで続けてみてはどうでしょうか? ただし、質問者様の言う通り本業は学生なので ストレスで学業に手がつかない、または勉強する時間がないといった実害が出る場合は、バイトを辞めても良いかと思います。 ただし、そのような事情であっても、それは仕方ないことではありません。 辞めるべき十分な事情ではありますが、自分の意思で選択したバイトなため、途中で辞めざるを得ないバイトを選択した時も、それを選択したのは質問者様自身ですから、自己責任の元でそれを繰り返さないように反省する必要はあります。 厳しいようですが仕事を途中で辞める理由に、仕方ないことなど一切ないです。 どんな事情であれ、自己責任です。 質問者様の判断は尊重しますが、全ては自己責任の名の元に辞めるか続けるかを判断してみてください。


化粧品会社で正社員として働くには大学は何学部に行くのがいいですか
2019/07/30 08:31

友人で化粧品会社に勤務している者がいますが文学部です。 化粧品会社とはいえ、職務内容が多岐に渡るため質問内容のみでは、単一の学部でここが良いと特定することは難しいです。 以下は友人から聞いた情報ですが仕事内容は次の通りです。 商品開発、商品企画、マーケティング(広告)、法人(会社)への営業、生産システム開発や生産管理、人事、総務、法務、経営企画など多岐に渡ります。 商品開発では、理学部など理系学部 商品企画、マーケティングは、商学部やその他文系学部 営業は、文系理系プラス人間性 生産システムや管理は工学部など理系学部 事務に関しては法学部や文学部や経済学部などの文学部全般 こういった傾向があるようです。 しかし、化粧品業界にいる友人も言ってましたが、学部は目安に過ぎず最終的に大切なのは、一緒に働きたいと感じる人間性があるかどうかが大事なようです。 質問者様がすでに働きたい明確なビジョンがあるのであれば、それは学部選びや就活にもプラスに作用しますし、歓迎すべきことかと思います。 しかし、質問者様にまだ明確なビジョンがない場合は4年間で化粧品業界以外にも関心が向くかもしれませんし、あまり学部にこだわる必要がないかと思います。 逆に専門性の高い学部に行くと、将来の就活の選択の幅も狭めてしまうリスクがあることもあります。 そのリスクも踏まえて慎重に学部選びをしてみてください。


高校2年の息子が不登校を続けています。理由は学校や勉強が面白くないと言います。私は「将来、就職や仕事をしていく上で苦労するから、高校は卒業してほしい」と説得しますが、聞く耳を持ちません。どう話したら、息子の心に響くでしょうか?息子の将来が心配です。アドバイスをいただけたら嬉しいです。よろしくお願いします。
2019/07/09 09:18

私も息子がいるので心中お察しします。とても不安ですよね。 とても焦る気持ちもわかります! 他人の子供なら冷静になれますが、自分の身に同じことが起きたら放っておいて様子を見るなんて心配でできないです。 ですが、なんとかしなきゃですよね。 私の妻がスクールカウンセラーをしています。妻からの入れ知恵になりますが、少しでも参考になれば幸いに思います! まず、あなたに限らずカウンセリングを行う上での最も重要なことは話しを聞くことだそうです。 私はあまりできませんが笑 あなたは、親でありカウンセラーではないかもしれませんが、子に接する時はカウンセラーのような振る舞いが必要な場面もあるそうです。 話し合いは、相互理解が前提となるため、自分の主張を伝えるだけでは有効な話し合いにはならないそうで 、子供も心を閉ざしてしまうとのこと。 バランスが難しいですよね。 まずは、自分の主張は全体を10とした時に0.5くらいにして、子供が何を伝えたがっているのかを中心に聞くことが大事だそうです。 あなたの子を思う気持ちから焦りが生じるのは私も十分わかりますが、焦りは禁物だそうです。 なぜなら、子供も同じく焦っていて親以上に不安だからだそうです。 不安で不安で仕方ない息子さんと一緒に、両親も不安で不安で仕方なく焦っている様では、息子さんの落ち着く場所は自分の部屋になってしまいます。 両親はどんなに焦っても、それを出さずに息子さんの拠り所になれる大樹のような存在になるべきだと、妻は言ってます。 なるほど。 ちなみに、カウンセリング場面では、クライエントの話しを聞く上で①傾聴②共感③受容という3つの態度が重要だそうです! これは、相手の話をゆっくり聞き、共感して相手の思いを受け入れることです。 また、話し合いの場は改めて設けるよりも、何か作業中とかに話す方が子供の緊張感も少なく、会話も促進されるようです。 難しいかもしれませんが、まとめますと焦らずにゆっくりと子供の話を聞き、子供の拠り所になれる大樹のように構えることが大事なようです。 私も不器用ながら妻に叱られて子育てをしている身として、あなたを応援します! でも、1人で頑張りすぎないでくださいね。


クールビズについてです。会社からノージャケット、ノーネクタイでOKと言われていますが、個人的にはネクタイがないとしっくりきません。周りの同僚がノーネクタイの中、自分だけネクタイ着用はいけないと思いますか?
2019/06/24 08:17

会社からノーネクタイでOKと言われているとのことですが、OKの意味あいによっても対応は異なるかと思います。OKの意味合いについて次のようなパターンが考えられます。①ノーネクタイにしてもよい。②ノーネクタイにしなくてはならない。③必ずしもノーネクタイでなくても良いが推奨する。④会社の意図はわからない。 ①については、強制力はないため質問者様の自由だと思います。 ②については、会社の意向に原則従うべきだと思います。しかし、法的には服装などの選択は自由であり、ネクタイをつけないことに対する業務上の合理性がない限り個人の自由は制限できないと思います。また、火傷の跡があるといった止むを得ない事情がある場合は会社との交渉の余地があるかと思います。しかしながら、質問者様の意図は「ネクタイがないとしっくりこない」との曖昧な理由であり、いくら業務上に支障がないとは言え、法的権利を主張するなら人間関係に悪影響が出る可能性は考慮してください。 ③については、質問者様の社会的な地位によっても変化すると思います。もし、質問者様が指導的な立場であるなら、会社としては部下に対して模範的立場になることを求めると思います。その場合は、上司との立場も考えクールビズに対して模範となるようふるまう必要があると感じます。また、もし質問者様に直属の部下がいるのであれば、ネクタイを着用したままだと直属の部下がクールビズをしにくいという無言の圧力を与えてしまうかもしれません。これは③に限らず①②にも言えるかと思います。 ④については、直属上司に確認するとよいかもしれません。確認できなければ、多勢に従うのが無難かと思います。日本には恣意性を重んじる文化があるため、ある程度は他者に同調的に振舞わなければ、自己中心的と評価され人間関係に悪影響を及ぼす風潮があります。もし、質問者様が少数派であり、それを実行するなら内々で自己中心的と評価されるリスクは少なからずあることを承知しておく必要があるかと思います。