Flower_Sono


回答 5 件
終身雇用の崩壊が叫ばれていますが、実際に崩壊したらどのような社会になりますか?

2019/12/27 12:45 作成

mjさま はじめまして。ライフ・キャリアコンサルタントShizuと申します。 終身雇用は、日本独自の雇用制度でほかの国からみたら変わった制度です。ちなみに正社員もそうです。 メリットは、1度正社員入ったら会社が倒産などしない限り、雇用が保障されること。 デメリットは、これから外れるとやり直ししにくい(非正規から正規になり難い)ことがあります。 社会保障の面で差があるのも、よく聞かれるのではないでしょうか。 ご質問の、終身雇用が崩壊したらどうなるか、は終身雇用に付随している正社員制度もなくなるという事です。 正社員制度があるのは、定年までの雇用を保障した雇用形態だからです。 仮に名前だけ残ったとしも、実態は昔ながらの正社員に保障されていたものは無くなるでしょうね。 そうすると、転職が普通に受け入れられる社会になります。 なんだか気楽な感じがしますね。 ですが、働く側に雇用主が雇用したい!と思うだけの何かがないと、働きたくても働けない状況になる方が増えるのでは?と思います。 また、転職が普通になるといいましたが、嫌だから辞める転職ではないでしょうね。 嫌なら辞める転職を繰り返す方が、会社にとって魅力的かと言われるとそうではないからです。 諸外国では、優秀な人ほど転職します。 理由は、職域が日本と違いはっきりしているため、いまの会社にいて新しく何ができるかどうか、など見えやすいためです。新しいポジションに行けないなら、そのポジションをくれる他社に行く、新しくしたいことがその会社になければキャリアが上がらないから、転職する。という事です。 そして、日本は正社員制度で雇用保障されているので、誰の仕事かわからない隙間の仕事を何となく誰かがしていることがあります。 また、新卒一括採用のように、どの部署に行くかは不明だが社員に内定、もなくなるでしょうね。 理由は、どんなスキルになるかわからないことに何年時間を費やすかわからない=全くスキルにならない仕事に配属されるとスキルアップの転職どころか、そもそもあなたのスキルはなんですか?になるので、配属先不明、仕事内容もこの中のどれか、などという漠然とした契約は、雇用される側が困るようになると予想されるからです。 まとめると、雇用される側は終身雇用が完全崩壊したら、自分が雇われるに値する能力(エンプロイアビリティ)を証明できる働き方を自力で探す事になります。 就活時点で、どんなエンプロイアビリティを獲得したいかを真剣に考えて、能力を伸ばせるかを今以上に真剣に考えなければ、自己責任。と言われることになると思います。


退職時に誓約書を渡されました。 企業秘密を漏らしてはいけないという項目は理解できますが、 在職中に習得した知識や技術を活かして 競合他社へ就職してはいけないという項目に 納得できません。 これは法的に有効なのでしょうか? また、競合他社へ就職した場合に訴訟など されますでしょうか?

2019/12/24 22:42 作成

liliyさま はじめまして。ライフ・キャリアコンサルタントShizuと申します。 ご質問の件ですが、技術職ではよく聞く話ではあります。 技術自体が会社の商品で、特許など有れば尚更なのだと思います。 ただ、働く側の都合が無視されておりいかがなものかとは思います。 もし法律的にどうこうなるとしたら、ある会社で社員しかしらない試験的に行っている開発や新商品、新製品に関する知識を競合他社で実現した場合があります。 私が聞く限り、一生競合他社はNGではなく、退職から半年、1年と期限があるようです。 liliyさまはどのようなお仕事をされていて、競合への転職を禁止されたのか、と思いました。


あなたの仕事の意義を教えてください。

2019/12/17 11:34 作成

深い質問ですね。 ライフ・キャリアコンサルタントShizuです。 仕事の意義は、いろいろあります。 状況的に否応なく専業主婦をしていると、働いていたときはお金を貰うことや好きでしていたので好きだから。がありました。 いまは、時々お仕事をしながら、自分の存在意義を考えている事があります。 ので、私の場合は、自分で自分の存在意義を確認するという意義がありますね^ ^


就職先を決めるにあたり、色々な業種や職種に興味があって絞り切れません。 会社説明会や面接の予定を入れていくと、スケジュールがパンパンになり、授業やバイトの両立が大変になりそうです。 効率の良い方法などないでしょうか?

2019/12/17 11:19 作成

よし さま はじめまして。ライフ・キャリアコンサルタントShizuです。 初めて就職フェアなどにいかれると、知らないいろいろなお仕事があって気になりますよね^ ^ 目移りするのは悪い事ではないと私は考えています。 ただ、いつまで目移りするか、期限を決める必要はあります。 いつまで目移りしていいかは、よしさまがいま、何年生(何回生)かにもよりますよ^ ^


これから就活を始めます。 エントリーシートを書くときに注意するポイントなどありますか? 良い例と悪い例などありましたら教えてください。 また、これから就活を始めるにあたって 何かアドバイスいただけると嬉しいです。

2019/12/17 11:11 作成

はじめまして。ライフ・キャリアコンサルタントShizuです。 前のコメントにあったらごめんなさい。 良いESを書くには、時間の余裕も必要です。 この時期、たくさんの方のESを拝読いたしますが、"いつ書きましたか?"と聞くと、昨日。のような方が結構な割合でいらっしゃいます。 いつ書いたか確かめたいので聞いているわけではなく、明らかに時間をかけていないのがわかるから聞いています。 学業、バイト、部分やサークルなど、お忙しい時期だと思いますので、気づいたら明日提出、は理解できるお話しではあります。 ただ、スケジュール管理は社会人として当然ですので、いまから意識なさるとよいかもしれません。 話しが逸れましたが、よいものを書こうとして時間をかけ、書けなくなるよりはまず書いてみて、誰かに見てもらう方がいいかなと思います。 誰かに見てもらうことで、対話から自分の知らない自分に気づくなど思わぬ宝物が見つかることがありますよ^ ^