田中さちこ

NPO法人Save all life

【経歴】
・1994年~2015年、正社員及び派遣社員として、数か所の法律事務所でパラリ-ガル及び弁護士秘書業務
・2015年~現在 某経営コンサルティング会社役員秘書
・2018年~現在 NPO法人Save all life代表理事

【可能な業務と実績】
・SEO記事作成
・ブログ記事作成
・サイトコンテンツの文章作成
・資料作成
・データ入力

【資格】
認定カウンセラ-の資格、コ-チングの経験、認定動物看護士、老犬介護士、認定ドッグトレーナー資格

  東京都 海岸3-8-17

  https://www.facebook.com/PresidentNobel/


回答 1 件
終身雇用の崩壊が叫ばれていますが、実際に崩壊したらどのような社会になりますか?

2019/12/28 12:34 作成

かなり偏った個人的な意見になります。 わたしはどちらかというと終身雇用とは縁がありません。 一つの会社に長くて5年ほどしか在籍しておらず、ほとんどが派遣社員、契約社員などの立場で即戦力として働いてきました。 そこで要求されるのは、経験してきたスキルなら何でも抵抗なくこなせる力です。そして、メンタリティの強さも必要になってきます。 これからは終身雇用といった形態は減ってくるのではないでしょうか?個人的にはそんな気がします。 そうなった時に、いかに自分が知識を持っているか、日々学び、向上するように努めているか、といったことがキーポイントになってくるのではないでしょうか。 でも、それはこの厳しい世の中で生きていくうえでは、その本人はもちろんのこと、社会全体、日本全体にとっても良いことのような気がします。 学ばない、勤勉ではない怠慢さは生存的ではありません。心身共に勤勉な人が増えれば働く人も増えて、社会保障費に税金をかける負担が減ります。 そうではなくても今後は少子高齢化で労働者が減ってきます。一人一人が勤勉にならないと立ち行かなくなると思いますよ。 そういった意味では、常に向上しようと努めている人が、がんばっている人が救われる世の中になることは良いことだと思っています。