pianosonata

一般病院勤務、医療専門職。

医療専門職です。家庭教師、塾講師の経験もあります。医療全般、教育、塾、家庭教師などの問題に対して、アドバイスを提示出来ます。よろしくお願い申し上げます。

  山形県


回答 8 件
履歴書上の前職の雇用形態について。 履歴書を作成し、面接を行いました。 職は、未経験、学歴不問、資格不問の現場仕事ですが、会社は不動産管理会社でしっかりしているところだとおもいます。 履歴書に前職として、塾に入社、退社と記入しましたが、実際には、業務委託で雇用関係ではありませんでした。隠そうとした意図はなく、実際には雇用と同じ働き方だったので深く考えず書いてしまいました。 面接では好感触だったので、会社から面接の結果が出るまえに、業務委託であったことを知らせるか迷っています。 採用になった場合、雇用保険者証や年金履歴で、すぐにわかるのでもちろん隠すつもりはありません。 ただ、いまの段階でわざわざ伝えると、自分の経歴全体に疑いを持たれそうで怖く、それなら、面接結果をまって入社手続きの中で話そうと思っていますが、あいての印象を悪くしわ内定にストップがかかるのではなどと心配し、どちらがよいか分からなくなりました。 採用する側にとれば、業務委託か正社員かは重大な要素でしょうか? 雇用形態は、たたしく伝えなかったことは、内定に影響がでたり、自分の経歴全体にまで疑いがかかってしまうような重大なことだと思われますか?どうすれば賢明か迷っています。 よろしくお願いします。

2020/02/19 21:22 作成

業務委託であっても、広い意味でその塾と雇用関係にあるのですから、入社退職とするのは間違いではないと思います。もし、面接官からその点について深く聞かれた場合は、詳しくは業務委託関係にあってとお話しされれば良いだけの事です。その点を追及されなければ、相談者様から敢えてお話しされる必要もないと思います。 それよりも大事なことは、仕事を通してどのような経験をされてきたのか、応募された先でどのように経験を生かして行けるのかをお話しされることだと思います。 実際に、応募先がぜひ欲しいと考える人材の方には、業務委託関係か社員か、などはどちらでも良いのです。


学生です。確定申告が初めてなので教えてください。アルバイトを2カ所掛け持ちしていて、年103万円は超えているので確定申告をします。ただ必要な書類や手順が分からないため、簡潔に教えてもらえないでしょうか?あと、もしも確定申告し忘れてしまった場合はどうなりますか?ご回答お願い致します。

2020/01/18 18:39 作成

準備しなければならない書類ですが、確定申告書、前年に収入がある場合は源泉徴収票、生命保険保険に加入している場合は保険料支払を証明する控除証明書などが必要です。 初めて確定申告をされる方は、記入の仕方などが分からない事が多いと思います。確定申告の時期前に、市町村で相談会を開催しています。開催日時は決まっていますので参加して担当職員の方から説明を受けると問題ありません。 また、書類以外にも国税庁のホームページからも確定申告が可能になっていますので、一度閲覧して頂いて作成しやすい方を利用するのも良いかと思います。 確定申告を故意にしないと、後日税務署から文書で通知やペナルティ分の加算税が課される場合がありますので、注意が必要です。


仕事のストレスに押し潰され、自分はうつ病であると自覚しています。うつ病で薬物治療は副作用が怖いためにしたくないという考えはおかしいですか?服薬以外でうつ病の治しかたがあれば教えてほしいです。 どなたか、お力になっていただけると幸いです。

2020/01/18 16:32 作成

うつ病とは、気持ちの問題と考えるのは間違いです。脳内で、意欲などポジティブな気持ちにさせるホルモンが、様々な本人にとってマイナスに働く要因によって、分泌しにくい状態になった結果としての病気です。 薬物療法は、うつ病の治療に欠かせません。薬の作用により、ホルモンの分泌を促す状態に脳を向かわせます。その過程で、脳内の標的とする部分以外にもお薬が作用してしまい、これが副作用につながります。 抗うつ薬として代表的な副作用には、眠気、悪心、便秘、性的機能の減退、胃の不快感、肝機能障害などがあります。しかし、全ての人に現れる訳ではありませんし、副作用の程度も個人差があります。 そのため、初診時は、医師はまず1週間分程度を処方し、本人の服用時の状態をチェックします。次回の診察時に、服用した感想を聞かれ、副作用が強ければ、別のお薬に変えたり、問題がなければ継続や増量などに進みます。 効果はすぐに出るものではなく、2週間から1か月くらいから、少しずつ本人の気持ちの面の変化が現れます。 まずは、病院やクリニックを受診し、治療を始めることが近道です。そして焦らないことが大切です。


就職活動の面接で「最後に何か質問はありますか?」と聞かれる場面があるかと思いますが、どのようなことを聞きくのがベストでしょうか?

2020/01/16 23:02 作成

まず質問しないほうが良いのが、お給料面のことです。採用が前提の場合は、先方より必ず給与待遇面の話が上がります。また、面接の際に話がない場合は、一律に給与体系が決まっているか、または、採用後に改めて給与待遇面の話の場が持たれます。 また、自分の志望する職種について、知ったかぶりの質問も、先方の印象が下がる場合があります。 一例として、志望する職種についての業務面の当たり障りのない質問、例えば、製造業であれば、1日1人あたりの製造数。営業であれば、1人あたりの担当する顧客数などです。先方は、そこから面接の中では触れなかった具体的な業務について少し突っ込んで説明してくるパターンが多いです。 面接に当たって、質問を予め2つ程度考えて行くとよろしいかと思います。もし、2つとも面接で先方から既に説明があったら、お伺いしたかったことがあったのですがご説明を頂き解決しました、とでも言えば問題ありません。


有給休暇の取得について疑問があるので教えて下さい。 私の会社では上司に有給休暇を取りたいと申し出たら、大抵は『忙しいからダメだ!』と言われ、ほとんど会社の指定日しか有給を取ることができません。本来なら社員が自己の都合で有給を取れるものだと思うのですが間違っていますか? 法律に詳しい方お願い致します。

2020/01/16 14:12 作成

お答え致します。 社員が年次有給休暇を申請した場合、原則論は、会社はその申請を拒否してはいけません。年次有給休暇は、社員に与えられた権利であるため、どのような取得理由であっても拒否は出来ないのです。例えば、誰かのコンサートに行きたい、旅行に行きたいなどの理由でもです。 しかし、例えば、同じ部門の社員が同じ日に複数、年次有給休暇を申請した場合は、会社の業務に支障が出る場合もあります。このような場合には、会社は社員に対して、別の日に年次有給休暇を変更させることが出来ます。時季変更権といいます。 従って、社員の都合が全て年次有給休暇として受理される訳ではないことを理解しておくことが必要です。


ビジネスで「こちらは~したはずだと思っていますので、確認してもらえますか?」というのを敬語で相手に失礼のないように言うにはどういう言い方になりますか?

2020/01/16 14:03 作成

「私のほうでは、〇〇の作業が完了してございますので、お手数ではございますが、ご確認をお願いしてもよろしいでしょうか」 「弊社では、〇〇の作業を完了させて頂いたところでございます。大変お手数ではございますが、御社様でご確認をお願い申し上げます」 あたりが、無難な応対になるのではないかと思います。 まず、「こちら」は失礼にあたります。個人であれば、私。会社としてであれば弊社。 「~したはず」も上から目線です。させて頂きました、完了致しましたがベターです。 「確認してもらえますか」も上から目線です。ご確認をお願い出来ますでしょうか、あたりになります。


ネット上で「奨学金で自己破産」という情報が多数あります。自分も奨学金を使って大学へ行くことを考えていたので正直怖いです。自分はやりたい仕事があってそのために大学に行くわけではなくて、やりたいことを探すために大学へ行きます。今の世の中、昔ほど学歴重視ではないので、そのような人間は奨学金をもらってまで大学に行くべきではないのでしょうか?アドバイスください。

2020/01/14 19:03 作成

私は、やりたいことを探すために大学へ進学する必要性はないと思います。 例えば、大学へ進学して、やりたいことが見つけ出せない場合は、おそらく退学という道を辿ることになります。残るのは、奨学金の返済だけです。 やりたいことを探すのは、むしろ、アルバイトをいろいろと経験して、その仕事の中身、遣り甲斐、大変さを知ったほうが現実的だと思います。 今は、仕事のスタイルも変革を遂げようとしています。また、大学を出たから良い会社に就職出来るわけでもありません。 アルバイトをしてみて、それが進学をしないと資格が貰えない職種であれば、専門学校を選ぶ道もあります。 学歴は、今の時代、社会ではあまり関係ないと思います。会社で実績を挙げている人は、待遇でもポジションでも、大卒よりも上を行っています。 ご参考になれば幸いです。


女性が塾講師になることについて、教えてください。塾講師の仕事は休みは少なく、仕事は夜働くことが多いようですが、もし結婚をした場合、夕飯の支度や子供の面倒などあって、仕事は続けられなくなるのでしょうか?それとも、日中だけの勤務などもあるのでしょうか?塾講師の仕事に詳しい方、おられましたら教えてください。

2020/01/14 15:28 作成

お答え致します。 塾の勤務時間は、まず教室長や正社員として採用された方は、およそ、14:00から22:00の勤務時間、勤務日は、月曜日から土曜日までという所が多いかと思います。 一方、パートやアルバイトとして採用された方は、14:00から22:00までの間で数時間という所が多いです。 ご質問者様が、どちらの雇用形態で採用になっているかは不明ですが、パートやアルバイトであれば、ご自分のライフスタイルに合わせて勤務シフトの申告が出来ます。早い時間帯ですと、小中学生の生徒さんが対象、また、遅い時間帯ですと、中高校生の生徒さんが対象になることが多いですが、採用となった以上は、どちらの生徒さんに対しても十分な指導能力がおありかと思います。 また、教室長や正社員として採用になっていらっしゃるのでしたら、全てご自分のライフスタイルに合わせての勤務は難しいかと思いますが、ある程度の勤務シフトの調整は可能です。 実際のところ、結婚されて家庭をお持ちの女性となりますと、パートやアルバイトで勤務されている方が大部分です。教室長や正社員となると、男性または独身の女性というパターンが多いです。