山田レイジ

飲食店経営、都内ホテルなどで調理経験 副業でWEBライターをしています。

飲食店を経営しています。以前はホテルや個人店で料理について勉強をさせていただき、これからは自分のお店も大きくして他のお店には無いようなクリエイティブな事をやって皆様に喜ばれるようなお店っくりが出来たらいいなと考えております。

その経験を活かしてWEBライターをしています。調理関係の記事の他にもいろいろ分野を広げているので、こちらも頑張っていきたいです。

  東京都


回答 28 件
家事代行の仕事について質問させてください。 家事代行の仕事は資格がなくても、年齢に関係なく仕事できるようなので興味を持っていますが、他人の家に上がらせてもらうので、色々と問題もあるんでしょうか?もし物がなくなったとか言われて疑われたり、掃除したのにできてないとか言われたりと。そういう問題が起きたらどうしたらいいのか不安な気持ちもあります。もし実際に家事代行されてる方がおられましたら、お仕事の様子や注意点など教えてほしいです。お願いいたします。
2020/06/24 19:47

はじめまして。私も以前働いた事があり、妻は現在も働いているのでその経験をお話出来ればと思います。 資格など要らないのですぐにでも働けるお仕事なのですが、トラブルもたしかにあります。「綺麗」に対するお客さんとのイメージの違いが一番多いクレームのようです。しかしこれも慣れてくれば文句を言われずに出来るようになると思いますし、会社としてもそのようなクレームが多いことを理解していると思うので心配無いと思います。 次に破損でのトラブルですね。どんなに気をつけていても人間ですからものを壊してしまうこともあると思います。基本的にはどの代行業者も保険に入っていますので、気にしなくて大丈夫ですよ。 そして一番不安なのが盗難の疑いをかけられることですね。私も疑われて嫌な思いをした事がありますが、妻が言うには基本的に毅然とした態度でいれば問題無いということです。もし入社されましたらそのような状況に対するマニュアルが会社によって違うと思いますので、しっかり確認することをオススメします。


仕事を辞めたいです。 自分の接客態度が悪いとクレームになり、始末書を書くようにと上司から言われました。 相手は酔っ払いのお客です。 やってられません。 これは辞めるべきですか? 早番や遅番がありしんどいし、体力もメンタルも疲れました。 クレームの一番多い業界は接客業ですか?
2020/06/10 09:57

はじめまして。私も接客業をしており、色々な業界の人と話しをする機会がありますのでご参考にしてもらえればと思います。 クレームの多い業界というのは安いサービスのお店や役所など役所などの無料の公共サービスでのクレームがとても多いらしいです。安い値段で利用する客というのはモラルを持った振る舞いが出来ない人が多いのも事実です。そして質問者様のようにお酒を提供しているお店では尚更その傾向も強まってきます。辞めるかどうかはあなたの気持ち次第ですが、飲食店のホールを担当されているのでしたら、飲食店にしても時間固定で働けるお店もありますし、他のお店に転職するというのも一つの考え方ではあると思います。しかし、今の店で頑張っていこうとしているのであれば、自分で改善するべきところを直して仕事に取り組みましょう。それでも理不尽なクレーマーは必ず出てきますから割り切って対応するしかないと思います。


面接時間のマナーですが、約束の時間の何分前に会社に着いて、何分前に受付するのがベストでしょうか?早すぎはよくないですね?
2020/05/28 11:48

はじめまして。以前私が面接した時の経験を元にお話させていただきます。まず10分前に受付をするという事を覚えておいてください。これはどこの企業でも共通の常識になっています。よっぽどひねくれたひっかけ問題をするような企業で無ければ問題ありません。ごく稀に凄い早い時間に受付をしてやる気を感じられた、又は遅刻して来た時の対応が、どんな場面でも応用の聞く大物の器で印象に残ったから採用したなんて話を聞いたことがありますが、そんな物は無視してください。10分前に受付してください。さて次は到着時間についてですが、こちらは場合によって違います。通りに面したわかりやすい面接会場ならいいですが、細い道に入った入口の分からないビルの中のフロアの一部を借りている面接会場なら、迷うことやエレベーターが混んでしまうこともあります。予期せぬ事態が起きれば動揺して面接にも悪影響でしょうし、ソワソワした姿を面接官や他の社員の方に見られる可能性もあります。よって確実に10分前に受付へ辿り着けるのであれば面接の11分前に到着していても構わないですが、予期せぬトラブルがある事を想定して更に10分ほど余裕を持っても良いでしょう。急にお腹痛くなったりするかもしれません、余裕を持って臨みましょう。