Yoshitsugu

通関士

大阪に本社のある物流企業に勤務しております。現在は大阪で顧客対応業務を担当しており、顧客からの通関〜配送、通関に関する手続きのアドバイス、費用見積もりなどが主だった業務となります。
通関士の資格を所持しており、以前は大阪・東京・名古屋で輸出入申告書などの通関書類の作成・審査、申告後の税関対応も担当しておりました。

  大阪府


回答 1 件
通関士の仕事に興味があり、資格をとって転職を考えています。経験者の方にお聞きしたいですが、通関士の資格をとるのに、どれくらい勉強しましたか?また、実際のお仕事の様子や、やりがいなど教えていただきたいです。よろしくお願いいたします。

2020/02/08 14:33 作成

・資格取得に要した期間 およそ半年、一日あたり3−4時間。ただし大学卒業後一年間のフリーター時代で、勉強に充てる時間は十分にあったためで、会社勤めをしながら勉強する時間を捻出するのは難しいかもしれません。私の会社の同僚で入社後通関士の資格を取得した者の例を挙げると、1日あたり2時間ほどで一年かかっておりました。 ・実際の仕事の様子 大きな流れとしては、 お客様より通関に必要な書類を受け取る→書類の内容を確認し輸出入される品物の分類、(輸入の場合は)関税率の確定、その他申告に必要な事項の申告書への記載を行う→出来上がった申告書類の通関氏による審査→税関への申告→必要に応じて税関からの問い合わせや検査の立会い→輸出入許可 となります。 他の業種でも同じだとは思いますが、「間違いが許されない」という仕事ではあります。品物の品目分類を誤って、その結果関税率が異なることになり、場合によっては顧客に無駄な出費・負担を強いてしまう可能性もあり、日々息を抜けない業務だとは思います。 ・やりがい 私はアパレル関係の輸入を担当する事が多かったので、近所の店で自分が申告を手がけた服が陳列されているのをみて、勝手にテンションが上がったりします(笑) あとはアパレル関係だけでなく、機械類や食品・化学品なども扱う事も多いのでそう言った品物に関する知識が勝手につく事があり、その意味では知識欲のある方には向いているのでは、と思います