アーク・キャリアコンサルタント

社会保険労務士・キャリコンサルタント・給与計算実務検定1級

外資系や日系企業の人事部門にて18年勤務しております。
主に労務系の仕事を担当しておりますが、キャリアコンサルタントの資格取得をし、採用や人材育成、キャリア開発などの分野に力を入れていきたいと考えております。

  東京都 豊島区


回答 195 件
親の容態が急に悪くなり、約3か月半の間、会社を休職し、 親が死亡後の忌引き休暇終了後に先日から復職したのですが メンタル的に辛い日々を過ごしてます。 親がガンで入院中に、私自身がメンタル的に不調(睡眠障害など)となり 看病する側も精神的に大変だということを思い知らされ 病院所属の臨床心理士に週に一度は面談を受けておりました。 ※臨床心理士には心療内科での受診も考慮すべきではないか?とアドバイスは受けてましたが  当時は受診せず、復職後の現在、心療内科での受診を検討しているのですが  新規の受付は中々空いてない状態です。 このような状態で、会社を自己都合退職した際に 特定理由離職者として認定されますでしょうか お忙しいところ申し訳ございませんが ご回答をよろしくお願いします。
2021/10/12 21:42

ご家族の介護の末、ご自身も精神的に病んでしまったんですね。 また、お亡くなりになったとのことご冥福をお祈りいたしますとともにご相談者様のご心労お察しいたします。 ご相談内容にある特定理由離職者については医師の証明が必要となります。 現在はまだ病院にかかられていないようですので、診断内容が該当するかは分かりかねますが、 退職をされるよりもいったんは傷病による休職を検討されたほうがよろしいのではないでしょうか?すでに介護休職を取られていて、会社に対しては心苦しいかとは思いますが傷病休職であれば1年半取ることができます。また会社にも席が残った状態となるので状況が良くなれば復職も検討できます。 現在がおつらい状況であることは変わりありませんので、無理はせず、できる限り早く心療内科(リワークプログラムがある)を受診され働き方についても相談されることをお勧めいたします。


紹介予定派遣は必ずしも正社員になれるとは限らないと聞きます。私はいずれ正社員になりたいと考えているのですが、私にとって紹介予定派遣は一般の派遣社員と比べて、どんなメリットがありますか?
2021/08/25 20:41

紹介予定派遣に関するご相談ですね。 まず、紹介予定派遣と一般派遣の違いは直接雇用を前提とするか否かで大きく異なります。 紹介予定派遣の場合、最大6ヶ月の派遣期間を経て企業と労働者双方の合意の上、直接雇用として働けることができます。 直接雇用ですので、必ずしも正社員ではなく、契約社員の可能性もあるので注意が必要です。 メリットとしては、入社後にしか判断できないような物事を派遣期間に知り得ることができるので、その上で入社判断ができること、一方でデメリットとしては、企業側から採用基準に合わない等の判断をされることがあることです。 また、仮に派遣から正社員になれたとしても派遣期間は勤務実績として見なされないので、有給等の付与において、登用後からさらに半年後となる場合があります。 紹介予定派遣の求人は一般派遣よりも少ないので倍率も高くなりやすいです。 応募する際には条件面などよくご確認頂き、企業での紹介予派遣から正社員になった実績などを確認されることをおすすめいたします。