stratovarius

介護士⇒会社員

会社員をしています。趣味で幅広く活動していますので宜しくお願いします。
趣味はF-1などのスポーツ鑑賞なのですが、特定のジャンルのスポーツが好きと言うわけではなく、幅広く好んでいるものがあります。

  東京都


回答 4 件
職場恋愛について 同じ職場で片思い中の女です。相手とはほぼ毎日顔を合わすが挨拶程度で、業務が違うため同じ仕事をすることはありません。噂では相手はフリーです。 女性から片思いだとなかなかこちらからお誘いもできず(受け身で)、ましてやコロナの関係で同僚との飲み会もなくなり、きっかけを作るチャンスがさらに減ってしまいました。 そこでお聞きしたいのですが、職場恋愛ってどんな感じで、どんなきっかけで始まりますか? 周りで職場恋愛をされている方がおられたら、そのお話をお聞きしたいです。 場違いな質問でしたらすみませんが、よろしくお願いします。
2020/05/23 14:19

私の知り合いの話では、職場で付き合い始めたのですが、何気ない会話から恋愛が始まったと言っていました。つまり本人の気持ちを考えると、最初の頃はそのような思いを抱いていなくて軽く世間話をし始めたうちに、付き合うようになっていったそうです。 つまり本人たちには最初その気はなかったようなので、今回の話とは少し違う気もしますが、そういうものではないかと思います。 世間話から話を広げていって、本人たち同士いつの間にか自分たちは気が合っていて話していて楽しいと言うことに気づいたのではないでしょうか。 その男性の方が本当に好きなのでしたら、おもいきって胸の内を言ってみるのも悪くないと思いますし、相手次第だと思います。


コロナショックによって、生活様式に変わると言われていますが、エステ業界は今後どうなるでしょうか?私は某エステサロンに勤めておりますが、今はまだ自宅待機中で今後のことが心配です。お店が再開となって以前のようにお客様が戻ってきてくださったら良いのですが、もしそうでないなら本当に悲しいです。もしもこの先の将来が明るくないのならまだ若いうちに転職をしなければと思っています。エステ業界や経済の動向に詳しい方のご意見を伺えたらうれしいです。どうぞご回答お待ちしております。
2020/05/23 13:01

コロナが今後どうなっていくのかと言う事は、はっきり言って専門家でも、今後の未来がどうなっていくと言う事は判断が難しいことになってくると思います。 つまり、将来の不安を抱えている人は貴方だけでなく、多くの人が将来の不安を抱えていると思いますので一概にどうすればいいかと言う事は言えないのではないでしょうか。 パンデミックの終わり方には2通りあるといいます。1つは医学的な終息で、罹患率と死亡率が大きく減少して終わる、もう1つは社会的な終息で、病気に対する恐怖心が薄れてきて終わると言います、もう1つの方は病気と共に生きていく考えに変わっていくだけで事実上収束していませんが、その場合の生活様式も大きく変わって来るのではないかと思います。 過去2000年の間に、何度かペストが流行し、何百万人もが死亡して、歴史の流れが大きく変わっていくことがありましたが、そのときに比べればまだ抑えられている方だと思います。


なにをやっても仕事が続かなくてバイトを転々としています。 いつも体調が悪くなったり鬱っぽくなってしまいすぐ辞めてしまいます。 ずっと辞め癖がついて抜け出せなくて苦しいくて、お金もないし、毎日面白くありません。 どうしたら治せますか?
2020/05/23 12:52

今はどこも厳しい時代ですから、自分がだめな人間だと思う必要はないと思いますか甘えてもいけないと思います。 仕事は探せば確実にあると思うので、自分に合っている仕事と言うものをしっかりと考えて探しておいた方が良いのではないでしょうか。 悩んでいるのなら、例えば自分の性格をよく知っている人間などに相談をしてみるとか、そういったことも必要なのではないでしょうか。 辞め癖がついているとか、結局は自分に甘えてしまっていることが原因なのではないかと思います。自分の幼少の頃から思い返してみてそういう生活を送ってきたのかもしれませんが、それは幼少の頃の性格だと割り切って、これからは大人としてしっかりと生きていくべきです。 何をやっても続かないということは、自分の中で描いている自分へのイメージが高すぎるのかもしれません。そのようにプラスに捉えていくと自分が本当にだめな人間なのではないかというマイナス思考だけは決していくことが出来ると思うので、そのように考えていけばいいのでしょうか。 面接に十回落ちても、十一回目に受かった人もいるので気を落とさないよう頑張っていくといいと思います。 本当に鬱病で苦しんでいて毎日辛いのなら、精神科に行って相談してみるのも手の一つだと思います。