はなふさ英

定年退職・ISO9001審査員、1級技能士、ワード・エクセル認定、健康予防管理専門士3級。製造業

全ての対外的現役から退役しています。

最近は、定活、終活、終末にまつわる多くの記事が多く執筆中です。

人生100年と言われていますが、果たしてそれが幸せな事でしょうか。幸せは如何にして心身が健康寿命に終末が迎えれるかです。

同時にそれは、日本の最大の課題といえます。国家予算の5割近くなろうとする、50兆円もの膨大な医療予算を費やしつつあります。

何を大げさに高齢者のたわごとかと思われましょうが、健康寿命は、未来がある若年層が幸せに暮らせるための恩返しです。高齢者の医療費全般の節減がその一つです。

男女を問わず75歳以降から人体の衰え、衰弱が顕著になります。しかしながら、その内容は微妙に個人差があり、自らの5感に感じる感覚に違いがあります。それは、たとえ夫婦であっても分かりあえないのです。

健康寿命の基本は、「快食」「快便」「快眠」のリズム生活あり、さらに、目標を持って暮らすことではないでしょうか。

  滋賀県 滋賀県守山市


回答 35 件
高卒で工事勤務、転職した方がいいかアドバイスをお願いします。 私は高卒で工事のライン勤務をしており2年目になります。地元の会社で知り合いに誘われ卒業後そのまま入った会社で、人間関係はよくて居心地がいいのですが、作業内容があまりにも退屈に思うようになり、転職した方がいいのか考えるようになりました。このまま今の会社に留まり資格を取って働いていくこともいいのかもしれませんが、他の業界を知らないで一生、工場勤務も虚しいという気持ちがあります。 でも特に他でどんな仕事をしたいかあるわけではありません。モヤモヤした気持ちを抱えながら過ごしていますが、こういう時どうしたらいいか悩んでいます。 今から大学へ行くことも考えましたが、学費の工面を考えるとあまり気が進みません。工場勤務からの転職ですと、選択の幅はどんなものがあるかなど、参考になるようなアドバイスをいただけるとありがたいです。よろしくお願いします。
2021/03/10 12:25

質問者を想定して回答します。高校卒業し工場で2,3年勤務でしょうか、仕事は単純定型作業であり、慣れが来て単純定型作業に飽きた頃である。お友達の女性はいるかもしれませんが、独身の自由な身ですね。 仕事にモヤモヤした気分にあり、大学進学の思いもあるが費用を考えれば気後れしている。今の現状から工場勤務を転職するとしたら転職先の選択肢にどのような就活の幅があるかのアドバイスが欲しいのですね。 私の昭和の時代での工場勤務の経験談も含み、3つに絞り回答します。 1.質問者は、ご自分の人生をどのように基本に考えるかにあります。質問者は3つの人生の岐路に立っているのです。 ①知り合いに誘われ勤務したが、単純作業に飽気が来て工場勤務から転職したい。 ②資金があれば大学進学をしたい。 ③工場勤務から転職からの就職先の幅とアドバイスが欲しい。 2.①の場合、大半の工場勤務は、標準化され大なり小なり単純作業です。でも、工場には「改善」があります。例ですが、ボルトやナットの単純作業も、その環境や締め付けトルク等の締め付けい意味と価値があり、締め方の工夫と改善があります。 質問者の工場勤務とは的外れかもしれませんが、どんな単純で繰り返しの小さい作業にも「なくてなならない価値」がありその価値に対し「対価」が払われています。 ですから、馴れて来た作業で転職したい思いの気持ちも理解できますが、手元、足元の工場勤務の価値を冷静に考え直しされませんか。 3.「今から大学へ行くことも考えましたが、学費の工面を考えるとあまり気が進みません。」との事ですが、私は社会人になってから大学進学しました。申し上げたいのは、大学進学の学力に自信があり、費用のみの心配であれば受験し「合格」を実現するのです。 私は学力も資金も不足していましたが、計画を立て社会人3年目で合格し夜間大学進学しました。通学のための早退3時間が会社は許可したのです。会社は私に「投資」をしてくれたのです。 今の情勢ではコロナの問題がありますが、人生を掛けて工場勤務しながら大学受験し「合格」してください。国公立に夜間大学もあり、昼間でもアルバイト生活で卒業可能です。 以上の3つの回答ですが、私は、質問者の「大学進学」の気持ちを大切にし、是非、大学進学し世の中に有益な人になられる事を願っての回答です。もし、学力不足であっても「大学進学」の決意があれば、「工場勤務」しながらも目標を達成して欲しいと思っています。人生100年の時代です。20代や30代で大学卒業は、人生の序の口編です。


先日、正社員の面接で「入社してやりたいことは何ですか?」と質問されて、思いもよらない質問だったので、とっさに「1日も早く仕事を覚えて一人前になりたいと思います。」と答えました。後になって、当たり前すぎたかなと思い、どう答えたらよかったんだろうと疑問が浮かびました。もっと「成長してリーダーとして尊敬される立場に」や「大きなプロジェクトに関われるように」など活躍したいと言うようなことを面接官は期待していたのでしょうか? 一体、この場合はどう言う風に答えるとよかったと思われますか? 今後の参考にアドバイスいただけたら助かります。
2021/02/21 21:32

「入社してやりたいことは何ですか?」の質問に対しての「1日も早く仕事を覚えて一人前になりたいと思います。」との答えについて、質問者が学卒であればレベルが低い人物と見られるかもしれません。 質問者の意図あるいは的外れと思われ、気分を害されるかのしれませんが、3点に絞って回答します。 1.「思いもよらない質問だったので」とは質問者の面接に対する意気込みに真剣さが不足しているのではないでしょうか。高卒者でもネットでどんな会社に面接するか準備し、面接のQ&Aを調べます。 2.「入社してやりたいことは何ですか?」は面接時の質問の定番です。質問「入社してやりたいことは何ですか?」の質問の意図は、一般的ですが、3点あげられます。 ・自分の会社に質問者の思考がどの程度マッチしているか。 ・質問者が自社の内容を事前にしっかりと調査して来ているかの確認する。 ・採用後の適材適所の配属の参考にする。 一人を採用するという事は、会社は採用者の人生に投資を決断します。投資に対し、質問者がどの程度会社に貢献されるか、未知の値に期待し採用を決めます。一人採用に何千万、何億の投資になります。 失礼ですが、質問者は応募している会社に対し、中卒並みの甘い考え方のように思えます。 3.ご参考までに回答例です。質問者が会社に貢献する考えとした場合。 自分の「入社してやりたいことは」3つの能力を全力で身に付けたいと考えています。その3つは「開拓力、解決力、開発力」を想定しています。 その能力で顧客の要求に応える商品を生み出し、顧客と信用、信頼を築き上げることができるビジネスマンになりたいです。 自分は学生時代から物事は「現地、現認主義」で重要視し、「原理、原則」の筋道をしり、事に当たるように心がけています。 もし、現地に直接出向く機会の多い貴社ならば、自分は、顧客第一主義の営業で会社に貢献できると確信しております。あるいは、新製品を完成させた場合、顧客の更なる信頼と市場の開拓を発展と同時に会社に貢献する喜びを味わいたいです。 以上、多少大袈裟に煽った感じですが、面接に当たっては「大志を掲げて臨む」であれば内定はその後から付いてきます。質問者のご検討をお祈ります。


学生です。履歴書の自己アピールに、「自分を一言で表すと〇〇です。なぜなら〇〇〇〇だからです。」というような書き方をするのはアリでしょうか?よろしくお願いします
2021/02/12 11:30

質問に対し3点に絞って回答します。 ①質問者の言われている「履歴書の自己アピールに、「自分を一言で表すと〇〇です。なぜなら〇〇〇〇だからです。」というような書き方をするのはアリでしょうか?」アリです。むしろ、それが求人会社が求めている人物を評価するポイントです。明確な自己アピールの書き方をしましょう。 ②ご参考までに書き方の1例をいます。 「自分の強みは、いい意味での諦めない粘りと根性があります。最後までやり遂げる努力があります。その一つが高校時代で偏差値が30位の時周りから行ける大学はないよと思われていました。 ですが、これではダメでだと考え夏の終わる頃からですが、今の大学に行くと決心し、寝るのも惜しみ日々休まず苦手科目の克服をし、入学できたのです。 私の持ち味は、得意・不得意や、困難さの要因の源を分析し、目標を達成するための工夫を重ね、努力し続ける事で結果を出せる事と考えています。 現在は、学んでいた時を土台にし、決めた目標に向けて、どうやったら実現できるかを考え実行していきます。 この実現する方法を考え、実行できる「力」が私の強みであり、私の持ち味です。」 ③若干、大袈裟な参考かもしれません。要は、質問者が実体験した事を素直に、率直にアピールするのです。先が見えないコロナの時世にあって求人会社が求めているのは、考える「力量」について、質問者の未来に投資できる人物かが採用の大きなポイントです。 どうか、冷静に自己分析し、人生を掛ける志望を獲得されることを祈っています。


苦労してやっと入れた会社でパワハラがすごかったら、皆さんならどうしますか? 無理難題を突きつけられ、当然時間内に終わらせられないから、自主残業は当たり前で、嫌なら辞めればというような上司の態度です。入ってまだ1ヶ月ですが、続けようか辞めようか真剣に悩んでいます。コロナ時でなければすぐに辞めて次を探していただろうけど、今辞めてもまた再就職に苦労すると思います。やはり今の時期はもう少し状況がよくなるまで留まるべきでしょうか?
2021/02/06 09:58

昭和の時代(1941生)の人間です、質問者へ適切な回答ではないかもしれません。回答を3つに絞って申します。 1.入社1か月目で、新入社員ですよね。上司の無理難題は、ある意味、研修期間の課題としての要求ではないでしょうか。質問者の資質、能力及び力量を図る意味が課題にあるのです。 私の場合は転職3回しました。1回目は大阪に丁稚奉公し、朝は7時朝食、5時終わり、定時制高校通い寝るのは10時の繰り返しを4年間頑張りました。生活向上を狙い、卒業と同時に上場企業に2回目の転職しました。同時に豊かな生活を得る目的に夜間大学行きました。3回目は、経済の不況煽りを受け、上場企業が大企業に吸収合併され私は3回目転職を図りました。 3回目は上場企業ではありませんでしたが私が望まれましたのでその会社に転職しました。そのまま46年間勤め上げ定年退職し現在があります。 そんな事、質問者に無関係で何の参考にもならないかもしれません。私が言いたいの世の中に求められる人間になって頂きたいのです。 今、質問者は、上司の難題と受け止められいます。そうではなく、会社があなたに求め、期待しているための課題と受け止められませんか。 正式に雇用された質問者は、会社が質問者に年収の保証や場合によっては、定年までの投資を決めて質問者は採用さらたのです。ですから、質問者へ投資する値は、会社は、質問者へ投資を回収しないと会社は成立し生きられません。ビジネスは「タイム イズ マネー」これは全世界共通で競争の鉄則です。 2.もし、質問者が「自分の資質、能力及び力量を会社が図っているな」と上司からの課題について受け止められるならば「よし、この難題を克服してやるぞ」と気概というか、勇気を持ってませんか。せっかく入った会社です。多少時間かかったもやり遂げて欲しいものです。 質問者の難題は図り知れませんが、今のコンピューター時代、大概の質問、疑問、困りごとのアドバイスはPCで知り得るのではないでしょうか、また、図書館もあります。 もっと大きな会社の命題であれば「事業計画書」立案します。「5現主義」などその他、多くの教科書があります。大概無料で習得可能です。質問者に挑戦する勇気と気概を持つ覚悟が出来るか、「嫌や」であれば退職ですね。現実逃避ではないでしょうか。 3.現実逃避ではなく、別の世界に挑戦んし、自分の居場所を求めて退職する考えもあります。今の難題の何倍もの努力と言うか、エネルギーが必要です。質問者にそれに打ち勝つ資質があるか人生を掛けるの一つの選択です。今、コロナの時代、世の中をどうのように「選択」するかが企業も個人も大きな課題です。例えば、2050年頃にはガソリン車は淘汰されると言う課題が全世界にあります。 何を大げさな的外れを言っているのよ、と思われましょうが、人生100年時代と言われいます。若い方には個々の発想の転回が求められいるといるのです。 ありきたりですが、退職は2の次に後の事として、今の目の前の難題を分析し「5W1H」展開し、時間を惜しまず、3ヶ月とか3年とか短期、中期に別けて挑戦される事を望みます。なぜなら、会社はきっちっと年収は保証しているのです。


現在派遣社員として働いているのですが、緊急事態宣言の影響で出勤時間が減ってしまいました。 前回の緊急事態宣言のときは派遣元から保障が出たのですが、今回はまだ先行きが分からず未定と言われてしまっています。 なにか個人で申請できるような補助金などはないでしょうか? 来月以降のことを考えると不安です。
2021/01/19 08:15

派遣の契約の形と個人申請の補償についての2つのポイントに回答します。 ・少し古い私の派遣社員の経験ですが、質問者さんの契約の立ち位置と契約によります。私の場合、IT関連で1日5時間の契約でいかなる事情が変わっても5時間分支払う契約でした。ですから、質問者さんの立ち位置の契約、具体的には派遣会社及び派遣されて就業している会社との時間給の契約によります。会社都合で就業時間減少分は両社か派遣先が質問者に支払う義務があります。支払われない場合は労働基準監督署や公的機関に相談しましょう。国は働き方改革と労働者の味方と言っています。 ・質問者さんの派遣社員が会社以外で、個人で減少した時間給分の補償を申請し、補助金が得られるかですね。今の緊急事態事態宣言下は、あくまで企業や個人事業主を対象です。 派遣社員の質問者さんの就業時間打ち切りで時間給不払いの証明書、契約書と給料明細書をもって労働基準監督署や無料弁護士がいる公的機関に相談しましょう。緊急事態宣言は、経営者を対象にし、派遣社員の明日から生活ができない過酷な方々の対象は、見て無ふりの世情です。生活保護も含めて相談しましょう。 ・話変わりますが、質問者さんは分かり切ったことと思われましょうが、自己防衛をさらに強化する方法です。先ず減少した時間を他の行動に努力です。例えば、パソコンやスマホで稼ぐのです。1文字0.1円や1円のアンケート回答から仕事はあり、実施できます。月に3万円目標に頑張るのです。 ・一般的に派遣の労働条件は、一匹狼的で過酷な側面があります。派遣で自由にゆとりある幸せな暮らしをするには社会が求める仕事ができ、それによる契約ができれば豊かな生活が可能です。 質問者さんの背景や事情は不明ですが、コロナウイルス後の世情は変化するとの予見があります。ですが、不透明な世情です。コロナウイルス後の世情が求める仕事はチャンスではないでしょうか。 以上、派遣社員卒業者から、的外れかもしれない一言です。