masakazu

システムエンジニア

  福岡県 福岡市

福岡県で細々とシステムエンジニアをしております。男性です。もうすぐ社会人3年目突入です。会社は今の会社を含めて3社を渡り歩いてきました。上司のパワハラで適応障害を患った経験あります。お仕事のことでお困りの方はどうぞご連絡ください。


回答 6 件
教員志望の大学生です。中高教員になるか大学教員になるかで迷っていますが、仮に博士号を習得しても、大学教員になれるとも限らないしやっぱり中高教員になるということでもありでしょうか? 中高教員と大学教員どちらがオススメかとその理由も聞かせてほしいです。宜しくお願いします!
2020/04/18 20:16 作成

【中高教員のメリット】 1.生徒の人生がかかる重要な時期に、勉強や部活などの学校生活を通して寄与することができる 【中高教員のデメリット】 1.生徒の性格/学習意欲は多種多様であり、一様に成績を伸ばすことは困難であること 2.教員へ横柄かつ自己中心的な要求をしてくるモンスターペアレントが増えており、親への対応は昔と比べてかなり手厚くする必要がある 3.公立学校だと、数年たつと異動があり、勤務地が変わる 4.教師間での絶対的な縦社会に突っ込まれるので、それに従って生きなければならない。教師間いじめもある。 5.部活指導のため土日出勤も当たり前。教材研究もあるため、夜遅くまで勤務しても残業代は出ないこと 6.教員免許を取得する難しさ、採用も狭き門であること 【大学教員のメリット】 1.頭の良い大学であれば、だいたい同じような学力の生徒たちが集まってくるので、教えるのが中高教員ほど難しくない 2.教える内容は毎年同じであり、過去問もあるので、その内容を少し変えれば良かったりする 3.理解できないなら生徒側が質問してくるのが普通なので、教材研究に凝らなくてもいい 4.基本、異動などなく、違う大学で教員をしたいとか思わなければ、勤務地は同じのままである 5.勤務地にこだわらなければ、地方の大学には割と教員の募集がある 【大学教員のデメリット】 1.授業を教えること以上に、毎日研究を行い、論文を出すことや、学会発表することの方が大変 2.博士号を取得しても、大学教員の募集次第ではポスドクといって、教員の枠が空くのを待たねばならないことがある 3.理系ならば自分の上司となる教授との縦社会になる。社会的なスキルが欠如した大学教授がほとんどなので、人間関係に苦労する 4.退職まで雇用が保証されているわけではなく、1年間ごとの更新など、契約社員のような位置付けが多いこと 5.博士号取得まで、大学・大学院前期後期を踏まえて、最短でも9年もかかり、勉強と研究で高いレベルが求められること 【結論】 どちらも一概にはお勧めできません。人に教える、学問を究めるとは大変な道のりであると思いました。それでも、どちらにも大きなやりがいがあります。「人に教える」、「とことん研究し尽くす」とは、自分自身の人生にとってかけがえのないスキル・経験であると思います。メリットデメリットをよくお調べになって上で、ご決断いただければと思います。


就業開始が先延ばしになり困っています。 私は5月オープンのある施設に転職する予定をしていましたが、コロナの影響でオープンも勤務開始も1ヶ月先延ばしとなってしまいました。 それまでの間、バイトを探そうにも1ヶ月だけだとなかなか見つからず、またコロナが収束しない場合、さらに先延ばしもあるかと思うと不安です。 今は貯金を切り崩し日々生活していますが、このような状況の場合どうしたらいいでしょうか? 何かアドバイスを頂けると助かります。 よろしくお願いします。
2020/04/16 00:13 作成

【回答まとめ】 以下の手段が取れるかと思います。貴殿のご健康を最優先に考えました。 1.労働局or役所に電話連絡をするorネットから情報を得て、何か使える社会保障制度が無いか探し、申請する 2.短期バイトでしのぐ(ウーバーイーツなどの配達バイト) 3.別の職場を探す※5月以降も収束の可能性がなく、引き続き休業を余儀なくされた場合 【各解答詳細】 1.についてですが、今現在で使える社会保障制度を使って、生活資金を得ることです。貴殿のお住まいがどの都道府県にあるかにもよりますが、緊急事態宣言も出ているご時勢です。働くよりも優先して、何か保証を受けれないか探してみましょう。 ※補足ですが、下記のようなサイトが見つかりました。 https://manetatsu.com/2020/04/252113/ https://part.shufu-job.jp/news/solution/12724/ https://www.mhlw.go.jp/stf/seisakunitsuite/bunya/kenkou_iryou/dengue_fever_qa_00007.html#Q4-10 2.についてですが、この時期の短期バイトなら配達バイトがいいかと思います。ただ、ウーバーイーツや出前館は人気で供給過多&感染リスクアップの可能性があるので、応募するならお早めに、働く場合はマスクと消毒必須でという条件付きでご提案します 3.1と2で粘ってみても無保証の休業が続く場合、誠に極端ですが、別の会社・お店への就職も考えた方が良いかと存じます。 この混乱で、社員の給与を保証できない企業が多くある一方で、しっかりと保証している会社もあるのが事実です。 5月から通うはずだったお店も、この騒動が起きる前までは、貴殿にとって働くことが憧れに思えるほど素敵な企業だったのだと推し量ります。ご質問の文章からも「退職・内定辞退」との言葉がないことから、入社への強い意志を感じます。 この騒動で政府・会社の対応の差が千差万別であることを目にして、もし、貴殿のお心が揺らいでいるのであれば、この時間を活用して、他の企業求人を探すこともオススメします。小生から見ても、少なくとも入社前とは言えども、企業側からの休業補償は欲しいところです。 以上になります。このような回答しかできずすみません。連日のニュースに鬱屈してしまうことばかりですが、どうかお体ご自愛下さい。


敬語がうまくつかえません。「らっしゃる」とか「~られる」とか…  そんなに大事なんでしょうか? どうしたら上手く使えるようになるんでしょうか?
2020/04/12 13:19 作成

【質問】 どうしたら敬語が上手く使えるようになるか? 【回答】 1.まずはですます調から始めてみましょう。次におっしゃるなどの尊敬語・頂くなどの謙譲語を声に出して練習してみましょう。 2.次に、ご自身の先輩上司、同僚、またはご家族やご友人にその敬語を使ってみて、違和感がないかどうか確認してみましょう 3.1と2を定期的にチェックしつつ、実業務での電話応対や会議での会話、先輩社員への報告などのやり取りにも敬語を入れて会話をしてみましょう。 【解説】 1についてですが、まずはどんな敬語がビジネスで使われているのかを知る必要があります。正しい用法を知ることで、どの職場に行っても使うことができる敬語のスキルを身に付けることが出来ます。 具体例:尊敬語、謙譲語、尊敬語の種類を学ぶ、電話応対・営業などシーンごとの言葉遣いを学ぶ など 2についてですが、自分の声に出して敬語を練習してみて、丁寧過ぎないかとか、客観的にチェックしてもらいつつ練習を重ねましょう。 具体例:先輩社員を相手にしてロールプレイしてみる。変な言葉遣いになっていないかレビューしてもらう など 3についてですが、練習して身に付けた敬語を実業務で出来るかドンドン試してみましょう。何か違和感を感じたら、ご自身の中で反省してみたり、2に戻って客観的にアドバイスをもらってみましょう。 具体例:営業の場面で敬語を使ってみる。会議での発言時に敬語を意識してみる など 【まとめ】 以上、このような行動をとれば、ある程度の敬語のスキルが身につくかと思います。 敬語はちょっと練習したら意識できるようになる一方で、歳を取っていくうちに軽んじてしまうこともあるものです。 いくつになっても、自分の年齢や先輩後輩を問わず、どんな年代の方にも丁寧な言葉遣いができるようになると、とても素敵な大人になると思います。お互い頑張りましょう。


やっぱり資格を持っていると安心する気がします。 でもたくさんあるので… 今取るべき資格って何があるでしょうか? 
2020/04/06 07:57 作成

【回答】 貴殿が目指したい姿に合う資格を取得されることをお勧めします。 【回答の理由】 「資格を持っていると安心する」というお気持ちは大変よく分かります。この新型コロナウイルスの経済影響に伴い、内定が切られたり、急に解雇されるケースも多く報道されています。何も資格がないと、もし職を失ったら新しい職を得るのが、直感的に難しいのではないかと不安に感じるからです。不安ならば、今タグ付けされている「医療」、「法律・会計・コンサル」系の資格取得をお勧めします。医療系なら、専門職として働ける介護士やケアマネジャー、医療事務などの資格が比較的取り組みやすく、需要も高いかと思います。法律・会計・コンサル系なら、簿記や行政書士、司法書士をお勧めします。 一方で、この騒動の有り無しに関わらず、当資格たちが、ご自身が社会人として身に付けたいスキル・目指したい姿に一致していることも大切かと思います。専門性や食っていける資格に目が行きがちですが、勉強してみて面白みが無いものを続けるよりは、モチベーション維持の目的も兼ねて、少しでも学んでみて楽しいと思えるものがあると良いですね。一度ご自身の中で紙に書き出すなどして、目的を整理した上で資格取得への計画を立ててみてほしいと思います。 貴殿の資格取得、ならびにキャリアの実現を心より祈念いたします。


救急救命士について。 人の役にたつ仕事がしたくて救急救命士に憧れを持つようになりました。 現在23歳ですが今からお金を貯め専門学校か大学に行く、もしくは消防官になって実務を積んで救急隊員を志願する、 年齢制限もあるためどちらがよい選択なのか悩んでいます。 経験のある方アドバイスをいただけると幸いです。
2020/04/05 04:39 作成

大変僭越ではございますが、下記2点の回答、およびその理由を述べさせて頂きます。ご参照ください。 1.現在、消防官として職を得ているのであれば、お金だけでなく「やり切った」と燃焼しきるまで、消防官を続けてみるのが一番堅実な手段だと思います。 2.アルバイトなどで定職についていないならば、学費を頑張って稼いでなるべく早く専門学校へ行くことをお勧めします。 【回答の理由】 少なくとも、独学で救急救命士になることはできないので、まずはお金を貯めましょう。貯めつつも、今現在定職に就いているならば、今の仕事で「人の役に立つ」ようなことはないか、アンテナを立てつつ働いてみましょう。 今のご職業も何か目的があって、お志を持って、貴殿が努力の末に得たご職業です。貴殿が今のご職業に就いて何年目なのか推し量ることはできませんが、日々モチベーション高く取り組みつつも、どこかまだ自分のやりがいを満たすに至っていないのだと存じます。 私は医療従事者ではございませんが、救急隊員というお仕事自体、大変な責任と体力・メンタリティが問われる職業だと捉えています。簡単な言葉で「がんばれ」と無責任に背中を押すことは致しかねますが、それども、貴殿が自分のやりたいことと人生と向き合って、たどり着いた答えならば、是非とも応援したいです。 一度きりの人生です。どうかご健康にお気を付けて、今のご職業からも学び、スキルと次の夢のためのお金を蓄えられた末に、強い決意をもって、救急救命士への道を歩まれて、目的を達成されることを祈念いたします。 以上でございます。


転職について 内定先のどちらを選択すべきか迷っています。 A社は最大手の子会社です。 本当は3月1日から勤務だったのですが、入社前の内定後面談でエリアトップの方から内定後面談をお願いしたことについてとてもお怒りになられていて面接に何でも聞けと言ったよな、給与が安いとうちに来ないのかお前はこの会社には向いていない本当に来る気があるのか恫喝されてしまいそれがトラウマでかつ出社日から病気になり休んでしまったことなどが相まって今に至るまで出社出来ていません。 本社のコンプラ室に話もしました。 先日、総務人事の人と面談しました。 私が子会社でなく本社のコンプラに相談したことで話が少し大きくなっていると言われてしまいました。 人事から、こんな状況になってしまったけど本当に職場で働けるのか、1か月や2か月で君が辞めるとキャリアに傷がつくよ試用期間は3か月あるからその間はこちらも様子見だからとくぎを刺されるというかそんな感じの話もされました。 A社の仕事内容は未経験の仕事で特殊なので他の職場でその経験を活かすことは難しいです。 A社のメリット 正社員で大手の子会社なので安定している 賞与が良く金銭的に充実している。 家からも近くて通いやすい A社のデメリット 入社前にトラブルになってしまいそれが今現在も解消されているとは言いにくい。 一応人事に上司がどう思っているか聞いたが、別に怒ってもいないし来るならきちんと教えますと言っている・・しかし、心の奥底では営業所長の顔に泥を塗ったとか考えているかもしれないし本心は当然わからないといわれました。 未経験の仕事で現場の職員とも近いのでパワハラとまで言わなくてもかなり強い口調の人もいるかもしれないし夜に電話が鳴ることもある。 次にB社です。 こちらは市の外郭団体で公益財団法人の非正規(1年ごとに条件付きで更新あり)職員となります。正社員になるには公募の時に再度応募する方式です。いつ正社員の募集があるかは不明。 B社のメリット 自分自身がとてもやりたい仕事で、しかも時期的に一生に一度あるかないかという事業に携われる。 給与や福利厚生や賞与は市役所に準じているのでA社程ではないが特に文句はない。 今までの経験を活かせつつ違う仕事にも挑戦できる。 B社のデメリット 非正規職員なので契約が更新されるかどうかは市の予算によるといわれました。もしかすると、公募してまた応募しなおすという方法になるかもしれません。当然また採用されるかは不透明。 交通の便が悪く車で行く必要があるが、駐車場は自己負担。 現在、コロナの影響でこの財団が行うイベントが次々と中止になっているためもしかしたら来年は更新する予算が無いのではとかなり不安に思います。 現在、34歳の男性です。 結婚も視野にいれているので正直とても迷っています。 トラブルも何もなければやりたい仕事を捨てでもお金と安定のあるA社をと思うのですが、ここまでの事態になって果たして続けられるのかという気持ちでいっぱいです。 周囲からは私ならそこまで拗れている会社に入って続く自信がないといわれます。 どちらを選択すべきでしょうか?
2020/03/21 09:29 作成

A社でもB社でもない別の転職先を見つけられるorB社のデメリットを受け入れて1年間は頑張って働いてみる、ことをお勧めします。個人的には、失業保険をもらいつつ、もう1,2ヶ月転職活動を継続するのが賢明かと思います。 大きく3つ選択肢はあるかと思います。1つ目はB社に行くことを渋々受け入れる。2つ目はA社に行って、テープレコーダーを常に常備してパワハラの証拠を押さえつつ仕事をする。そして、3つ目はAでもBでも無いちゃんとしたところに入社する、です。 かなり難しい選択に迫られていると存じますが、私も転職先が内定者面談で話していた教育内容でなく、入社して2週間ほどで教育担当から日常的に恫喝や暴言を受けました。結果、入社して3ヶ月で私は適応障害にかかり、会社に行けなくってしまいました。一度メンタルを壊してしまうと、社会復帰するのが一気に難しくなり、生きていくことすら困難になります。それだけ鬱や適応障害などの心の病気は恐ろしい病なのです。 社員を恫喝する行為は絶対にあってはなら無い行為です。たとい、子会社で起きたことでも真摯に受け止め、パワハラを行った社員を教育担当から外す、など再発防止に努めなければなりません。その対応もせず、もみ消そうとしている姿勢を見せていて、なおかつ貴方様が既に心理的に参っている時点でA社に行くことはナシだと思います。 待遇面が気になるところではありますが、労働期間の有無に問わず、貴殿が心身ともに健康に長く働ける会社様に出会えることを祈っています。