渡辺二朗

PRO

※資格
国家資格 キャリアコンサルタント
キャリアコンサルタント技能士2級
産業カウンセラー

これまで心理カウンセラーとして15年以上、キャリアコンサルタントとして公的機関にて8年以上色々な角度から相談にのってきました。

悩みは0にはできませんが、今悩み過ぎている心を少しでも軽くできるようにお話をお聴きし、またこちらからもアドバイスをさせていただきます。

  香川県 高松市

  0878659222

  https://jams-h.com/

  https://jams-h.com/online/


回答 3 件
これから就活を始めます。 エントリーシートを書くときに注意するポイントなどありますか? 良い例と悪い例などありましたら教えてください。 また、これから就活を始めるにあたって 何かアドバイスいただけると嬉しいです。

2019/12/11 09:31 作成

初めまして。 キャリアコンサルタント 渡辺と申します。 エントリーシートの書き方ですが先に書かれた方がアドバイスしてくれたことを参考にしていただき、補足で書かせていただきます。 学生であれば、まず学校で就職支援の担当の方がいらっしゃると思いますのでそこで添削をしてもらうと良いと思います。 できれば一人の意見ではなく、数人に見てもらい意見をもらう方が違ったアドバイスをもらえより良いものができると思います。 手書きなのかパソコンで作成するのかはわかりませんが、もし手書きの場合間違ったら全部最初から書き直しです。またできる限り1文字1文字を丁寧に記入してください。 結構時間がかかると思いますので、最後の方になると段々と雑さが出てしまいます。 そんなところも全て採用担当者は見ています。 エントリーシートはあなたのことを知ってもらうためのものです。 例えるならエントリーシートはあなたの顔の代わりとなり見てもらうものです。 面接であれば身なりを整えますよね? それと同じものだと思い、しっかりと丁寧に書いてください。 (字が汚いとか綺麗とかの問題ではなく「丁寧に」です。) また志望動機は2つの内容が書けます。 「なぜその会社を希望した理由」と「その職種を希望した理由」です。 この2つを意識し、どこの企業様でも使いまわしできるような内容は避けてください。 1つ1つの企業様に向き合って考えるようにしてください。 自己PRは自分ことがわからない部分もあるかもしれませんので、仲の良い友達や家族に聞くと参考になることもあるかと思います。 また学生のエントリーシートは他にも記入する内容があるかもしれません。 どの項目も同じですが、他人に考えてもらうより「自分の言葉」で考えるようにしてください。 (それを支援者に添削してもらい直すといった感じです。) 自分の言葉で考えなければ、面接で丸暗記状態になりうまく話せなくなります。 これから就職活動を開始するのであれば、これまでの自分の学んできたことや、自信を持っていること、長所短所など今からまとめておくといいと思います。 エントリーシートの参考資料などはインターネットで検索すると出てくるでしょうから、時間があるときにまとめておいた方が後から焦らなくて良いと思います。 初めてのことでわからないことも多いかもしれませんが、その際には先輩や就職支援の方や先生などに質問し相談してみてくださいね。 あなたの就職活動がうまくいくよう陰ながら応援しています。


会社の部下がうつ病になってしまい休職したいと申し出ています。本人にはまずは有休消化して休養をとってもらうことになるかと思いますが、うつ病の場合、おおよその休職期間はどのくらいなのでしょうか?また、その間の上司としてどのようなケアをするのが良いでしょうか?そして、復職するとなった時、周りの人間はどう付き合っていくべきなのでしょうか? 漠然とした質問ではありますが、アドバイスをいただけたら幸いです。

2019/12/04 13:38 作成

初めまして。 キャリアコンサルタント 渡辺と申します。 質問を読ませていただきわかる範囲ですが回答させていただきます。 まずその部下の方がうつ病と診断があったということでしたら、医師からの診断書を取られていると思います。 その部下の方は医師の方と病状等を含め休職する期間も含めてお話されているかと思いますので、その部下の方とお話をしておおまかな期間を確認していただければよろしいかと思います。 その確認の際にうつ病になった原因がどこにあるのかわからないため、会社の中に産業医がいるようでしたら一度そこでお話を聴いてもらった方がよいかと思います。 また産業医がいないようでしたら、総務や人事担当の方からその方の負担がないよう状況の確認をしてもらう方がよいかと思います。 またその際に休職中に「どちらからどのくらいの頻度で連絡を取るようにするのか?」「誰が担当なのか?」等を明確にしておいた方がよろしいかと思います。 休職期間に関しては一概に言えませんが、数か月かかることも多いようです。 数か月かかるようでしたら、疾病手当金なども受給できるようでしたら案内してあげるといいかと思います。 上司としてですが、失礼ながら原因がどこにあるかわからないのと仕事での不安が思い出されたりするとまた考え込んでしまったりすることもあるため直接連絡とることは避けたほうが無難かもしれません。 (本人が連絡をしてほしいような希望がある場合はまた違ってくると思います) 上司としての役割としては、他の社員がその方にプレッシャーやストレスを与えないように社内研修などをしてあげることなどもいいかと思います。 またその方が戻ってきやすい職場になるよう環境を改善していくことが大切かと思います。 復職に関してもいきなりフルタイムでの出勤が難しい場合もありますので、時短での出勤ができるようにするなど社内での調整をすることが必要になると思います。 復職した際の人間関係ですが、あまり干渉され過ぎるのも逆にほっておかれるのもストレスの原因となりますのでこれが正解というものが難しいです。 詳しくお話させていただければ、そのケースにあった回答ができるかと思います。 参考になればと思い回答させていただきました。


キャリアコンサルティングルームをやりたい

2019/11/29 08:47 作成

はじめまして。 キャリアコンサルタント資格保有者です。 まずご質問の「キャリアコンサルティングルームをやりたい」ということで、どういった目的でルームを作成されようとしているのかわかりませんが、御存じの通りキャリコンサルタントの資格を取得したものの、キャリアコンサルタントとして仕事につながっている人はそう多くありません。 現状では公的機関や民間機関、大学等での就職支援がほとんどになります。 資格を取得したものの、受け皿が少ないように感じます。 そういった意味では、キャリアコンサルティングルームを作成する際、他のキャリアコンサルタントの方の協力を得るのは難しくないようい思えます。 キャリアコンサルティングルームを作成したものの、「クライアントをどう取得していくのか?」や「どう展開していきたいのか?」という意図での質問でしたら申し訳ありませんがもう少し具体的にご質問いただければお答えしやすいのかと思います。 回答になっていないかもしれませんがよろしくお願いします。