岩井 和幸


回答 1 件
学生です。行政書士は難易度が高いけれど、実際には就職口が少ないと聞きましたが、それは本当でしょうか?

2019/11/30 09:28 作成

私も難易度はそれなりだと思います。ただ、国家資格の中では比較的取得しやすいと言われておりますので安易に考えて受験する方も多く、合格率が下がってしまうのかとも思います。真面目に取り組めば短期の一発合格も可能です。私の場合は学生時代、民法を専攻していましたので大学を卒業する前に何かそれに関係した資格が欲しくて行政書士の試験に挑戦しましたが、結局合格できずに一般企業に就職しました。アルバイトをしながら資格取得を目指すことも考えましたが、そこまでこの道一本で食べていく自信がありませんでした。親が行政書士でその家業を継ぐとかなら話は別ですが、資格が取れたとしてもすぐに開業して仕事があるわけではありません。かと言ってどこかの行政書士事務所で働きたくても都合よく求人があるとも限りません。あとこれは私の実体験ですが行政書士の資格を取ってから何度か転職しましたが、この資格を持っていると多少ですが金融や不動産関係の業種にはウケが良いようです。履歴書に行政書士の資格が書いてあると、それだけで話題ができますし、それなりの知識・能力があると見られるようです。実際に私は不動産関係の会社に入り、勉強して宅建の資格をとり、今は独立して行政書士とダブルライセンスで仕事をしています。このように他の士業とからめて仕事をする方も結構います。資格を取ることも重要ですが、その資格を取ったあとに自分がその資格を人生にどのように生かして行くかがもっと大事なことだと思います。