質問
2020/06/16 01:49 作成

退職時の有給消化中に次の仕事をする場合

退職することが決まっていて最後の出勤日以降の有給消化中に、次の仕事を始めたいと考えています。
次の仕事先はすでに決まっていて、有給消化中でも、人手が足りないので早く働いてくれたら助かると言っています。
ですが、現職場には、次の仕事のことは伝えていません。できれば伝えたくはありませんが、伝えないことは何か問題になりますか?
雇用保険や、社会保険は次でも加入するので、そのあたりの手続き上で問題があるのかが気になっています。

この辺りの制度に詳しい方、教えてもらえないでしょうか?

匿名
閲覧数:18
回答 2 件
2020/06/17 13:00 作成
相談可 継続 社会保険労務士
相談可 継続

社会保険労務士

社会保険労務士の継続と申します
労働及び年金等のセミナー講師、
相談等幅広くお受け致します

得意分野は労...

①有給休暇の性質
まず、有給休暇の性質は、労働義務がある日に権利を行使することで、労働義務が免除されることです。
よって、自社のストライキに参加する場合(そもそも自社の労務管理から脱却している)を除いて、どのような理由で有給休暇を使用するかは使用者が感知すべきでなく、介入することはできません。

②労働時間の通算
次に労働時間の問題として、労働基準法上では、異なる事業場間であっても労働時間を通算することとなっています。よって、労働時間数のいかんによっては原則として、「後から契約した」会社が割増賃金を支払わなければなりません。

③就業規則
また、自社の就業規則で、在職中に他社での就労を禁止している場合も多く見受けられます。この場合、就業規則に抵触することなりますが、

・その就業規則がそもそも有効か?
労働者の過半数代表者への意見聴取がされているか、労働者へ周知されているか、労基署へ届けられているか?の議論の余地はありますが、手続きに一部、齟齬があったことのみで効力を全て消滅させることも現実的ではありません。

「合理的な内容」の就業規則でかつ、「周知」されていれば効力としては認められることが多いと言えます。

また、就業規則は、所定労働時間内に対して規範的効力を生むものとも言えます。例えば、通常の労働日の勤務時間を終えて、帰宅後の深夜に就業規則に拘束力はあるのか?という議論に対しては、認めてしまうとさすがに権利濫用となります。

しかし、有給休暇を行使した時間帯は、給与が発生してきます。よって、いわゆる副業禁止規定を設けている企業の場合、服務規律違反となる場合はあり得ます。

④最後に
間違いない対応は何か?ということであれば、後で発覚しても大事にならないよう離職前の会社の人事担当者に事情を説明(例えば次勤務先から人手不足ゆえに出勤の打診があった)しておくことです。

理由によっては、「許可制」とするか?(就業規則より有利な対応だあれば違法ではない)
などの議論にはなり得ます。

尚、雇用保険は65歳以上の方に類似事案で改正がなさらていますが一社のみでの加入となります。

社会保険も一部例外はありますが、今回の事案では、そもそも有給休暇中に資格喪失の手続きはしませんので、前の会社のみで加入せざるを得ないと考えます。

2020/06/17 17:58 作成
人材コンサルタント 洋一 社会保険労務士資格合格・第一種衛生管理者・宅地建物取引士資格合格・調理師等取得
人材コンサルタント 洋一

社会保険労務士資格合格・第一種衛生管理者・宅地建物取引士資格合格・調理師等取得

人材・人事・労働のコンサルタントをしています。
働く人の相談にのるボランティアもやっています。
少しでも、皆様...

人材コンサルタントをしています。
また、ボランティアで働く人の相談にのっています。

有給消化中に、新しい会社で働くことは全く問題ありません。
ただし、質問者様の場合、気を付けたほうがいいことが2つあります。
一つ目は、今の会社で退職金が出る場合ですが、就業規則の退職金規定に、副業したら退職金を支給しないと書いてあれば危険です。今の会社にばれなければ大丈夫ですが、誰かに密告されたりしたら、最悪退職金が不支給ということも無くはないです。今の会社で退職金が出ないのであれば全く問題ありません。堂々と次の会社で働いて大丈夫です。
退職金以外の社会保険関係は、今の会社は関係ないので言う必要はありません。
気を付けた方がいいこと二つ目は、次の職場の人に「人手が少ないので早く働いてくれたら助かる」と言われているとの事ですが、それは現場の社員レベルではなく、会社の人事部も承知しているのかという点が気になりました。
人事部も承知しているのであれば、社会保険については、資格取得日(新しい会社で健康保険などに入る日のことです)を遅らせる事で対応することが可能です。
また、有給消化期間だけ別に雇用契約書を作り、有給消化が終わったら、本採用にするという形式上の処理だけで解決します。
どちらにせよ、今の会社は関係なく、新しい会社の人事がどう処理するかの問題です。
もし、後から人事部が知らなかったとなると、質問者様が怒られたりして嫌な気持ちになるかもしれません。
有給消化中に、新しい会社で働くことは問題ありませんが
以上の2つだけ注意してください。
どちらも当てはまらなかったら、全く何も気にする必要はありません。
ご参考になれば幸いです。
お仕事頑張ってください。


関連する質問
相談できるユーザー
相談可 木戸忍
回答数 44
プロフェッショナルコーチ
相談可 木戸忍

プロフェッショナルコーチ

スポーツビジネス:運動指導をはじめ、各種運動・スポーツ系の企画の立案、および実施、付帯するマネジメント業務
メンタルサポート:コーチングやカウンセリングの分野。個人から団体まで...

相談可 小林 純子
回答数 30
キャリアコンサルタント(国家資格)、フリーランスライター、元CA、元コンサルタント
相談可 小林 純子

キャリアコンサルタント(国家資格)、フリーランスライター、元CA、元コンサルタント

航空会社に勤務後、監査法人とコンサルタント会社でコンサルタントを経験。出産を機にフリーランスライターとなりました。キャリアコンサルタントの資格も取得しています。

航空会社時代...

相談可 継続
回答数 27
社会保険労務士
相談可 継続

社会保険労務士

社会保険労務士の継続と申します
労働及び年金等のセミナー講師、
相談等幅広くお受け致します

得意分野は労使Win-Winの労務管理です

1人でも多くの方のお役に立て...

相談可 アーク・キャリアコンサルタント
回答数 17
社会保険労務士・キャリコンサルタント・日商簿記2級
相談可 アーク・キャリアコンサルタント

社会保険労務士・キャリコンサルタント・日商簿記2級

主に管理部門で勤務しておりました。
労務系の案件が得意です。よろしくお願いいたします。

相談可 佐藤 豪
回答数 14
外資系 執行役員人事総務総括・国家資格キャリアコンサルタント
相談可 佐藤 豪

外資系 執行役員人事総務総括・国家資格キャリアコンサルタント

長年、人事総務を担当しております。日本企業米系企業を経験して10年の米国勤務経験も有ります。10年程前にキャリアコンサルタントの資格を取り皆さんにキャリア相談も行っております。グロ...

相談可 はなふさ英
回答数 11
定年退職・ISO9001審査員、1級技能士、ワード・エクセル認定、健康予防管理専門士3級。製造業
相談可 はなふさ英

定年退職・ISO9001審査員、1級技能士、ワード・エクセル認定、健康予防管理専門士3級。製造業

全ての対外的現役から退役し4年が経過しています。

最近は、定活、終活、終末にまつわる多くの記事が多く執筆中です。

人生100年と言われていますが、果たしてそれが幸せな事...

相談可 高橋 啓子
回答数 10
国家資格キャリアコンサルタント、産業カウンセラー、組織開発支援、研修講師
相談可 高橋 啓子

国家資格キャリアコンサルタント、産業カウンセラー、組織開発支援、研修講師

管理部門、経営企画部門での長年の経験があり、人事、労務問題や採用、教育、制度設計、法務、情報セキュリティ経験があります。
現在は組織開発支援の他、研修講師、キャリアコンサルティン...

相談可 松川昌
回答数 10
キャリアコンサルタント(国家資格)。日本キャリア開発協会CDA会員。
相談可 松川昌

キャリアコンサルタント(国家資格)。日本キャリア開発協会CDA会員。

企業等への福利厚生・両立支援・健康支援の制度・施策提案に約16年携わってきました。
個人の立場に立った支援を考え、キャリアコンサルタント資格を資格。
得意分野は、企業内での働き...

相談可 近藤 信治
回答数 8
国家資格キャリアコンサルタント
相談可 近藤 信治

国家資格キャリアコンサルタント

できる事を強みに変えるモティベーターです。
国家資格キャリアコンサルタント。立命館大学を卒業後、百貨店(販売)→メーカー(営業)→情報誌の広告制作・企画・サイト運営(ぱど)→介護...

相談可 shoko yama
回答数 7
公共機関
相談可 shoko yama

公共機関

キャリアコンサルタントとして10年、公共機関で就職支援をしています。大昔はシステムエンジニアとして制御系システム開発に携わっておりましたので、特にIT系の支援を得意としております。

関連する質問
新着求人