質問
2021/02/21 19:47 作成

先日、正社員の面接で「入社してやりたいことは何ですか?」と質問されて、思いもよらない質問だったので、とっさに「1日も早く仕事を覚えて一人前になりたいと思います。」と答えました。後になって、当たり前すぎたかなと思い、どう答えたらよかったんだろうと疑問が浮かびました。もっと「成長してリーダーとして尊敬される立場に」や「大きなプロジェクトに関われるように」など活躍したいと言うようなことを面接官は期待していたのでしょうか?
一体、この場合はどう言う風に答えるとよかったと思われますか?
今後の参考にアドバイスいただけたら助かります。

匿名
回答 1 件
2021/02/21 21:32 作成
はなふさ英 定年退職・ISO9001審査員、1級技能士、ワード・エクセル認定、健康予防管理専門士3級。製造業
はなふさ英

定年退職・ISO9001審査員、1級技能士、ワード・エクセル認定、健康予防管理専門士3級。製造業

全ての対外的現役から退役しています。

最近は、定活、終活、終末にまつわる多くの記事が多く執筆中です。

...

「入社してやりたいことは何ですか?」の質問に対しての「1日も早く仕事を覚えて一人前になりたいと思います。」との答えについて、質問者が学卒であればレベルが低い人物と見られるかもしれません。

質問者の意図あるいは的外れと思われ、気分を害されるかのしれませんが、3点に絞って回答します。

1.「思いもよらない質問だったので」とは質問者の面接に対する意気込みに真剣さが不足しているのではないでしょうか。高卒者でもネットでどんな会社に面接するか準備し、面接のQ&Aを調べます。

2.「入社してやりたいことは何ですか?」は面接時の質問の定番です。質問「入社してやりたいことは何ですか?」の質問の意図は、一般的ですが、3点あげられます。

・自分の会社に質問者の思考がどの程度マッチしているか。

・質問者が自社の内容を事前にしっかりと調査して来ているかの確認する。

・採用後の適材適所の配属の参考にする。

一人を採用するという事は、会社は採用者の人生に投資を決断します。投資に対し、質問者がどの程度会社に貢献されるか、未知の値に期待し採用を決めます。一人採用に何千万、何億の投資になります。
失礼ですが、質問者は応募している会社に対し、中卒並みの甘い考え方のように思えます。

3.ご参考までに回答例です。質問者が会社に貢献する考えとした場合。

自分の「入社してやりたいことは」3つの能力を全力で身に付けたいと考えています。その3つは「開拓力、解決力、開発力」を想定しています。

その能力で顧客の要求に応える商品を生み出し、顧客と信用、信頼を築き上げることができるビジネスマンになりたいです。

自分は学生時代から物事は「現地、現認主義」で重要視し、「原理、原則」の筋道をしり、事に当たるように心がけています。

もし、現地に直接出向く機会の多い貴社ならば、自分は、顧客第一主義の営業で会社に貢献できると確信しております。あるいは、新製品を完成させた場合、顧客の更なる信頼と市場の開拓を発展と同時に会社に貢献する喜びを味わいたいです。

以上、多少大袈裟に煽った感じですが、面接に当たっては「大志を掲げて臨む」であれば内定はその後から付いてきます。質問者のご検討をお祈ります。


この質問の回答者
はなふさ英 定年退職・ISO9001審査員、1級技能士、ワード・エクセル認定、健康予防管理専門士3級。製造業

滋賀県 滋賀県守山市 

全ての対外的現役から退役しています。 最近は、定活、終活、終末にまつわる多くの記事が多く執筆中です。 人生100年と言われていますが、果たしてそれが幸せな事でしょうか。幸せは如何にして心身が健康寿命に終末が迎えれるかです。 同時にそれは、日本の最大の課題といえます。国家予算の5割近くなろうとする、50兆円もの膨大な医療予算を費やしつつあります。 何を大げさに高齢者のたわごとかと思われましょうが、健康寿命は、未来がある若年層が幸せに暮らせるための恩返しです。高齢者の医療費全般の節減がその一つです。 男女を問わず75歳以降から人体の衰え、衰弱が顕著になります。しかしながら、その内容は微妙に個人差があり、自らの5感に感じる感覚に違いがあります。それは、たとえ夫婦であっても分かりあえないのです。 健康寿命の基本は、「快食」「快便」「快眠」のリズム生活あり、さらに、目標を持って暮らすことではないでしょうか。

関連する質問

あなたの魅力・能力をより引き出してくれるキャリアアドバイザーを選んで、
一緒に就職・転職活動をしませんか?

キャリア支援は、キャリア相談からあなたに合った求人のご提案、書類添削や面接対策など、
内定獲得までをサポートする職業紹介事業者(人材エージェント)による職業支援です。
求職者の方は全て無料でご利用いただけます。

キャリアアドバイザーを探す

キャリア支援の流れ

1
キャリアアドバイザーとオンラインまたは電話でご面談いただきます。相談ごとがございましたらお伝えください。
2
面談内容をもとに、最適な求人を非公開求人などの中からご提案いたします。必要に応じて履歴書、職務経歴書の添削、面接対策、面接日の調整などを行います。
3
内定が出た後は、入社に向けての調整サポートをいたします。入社後不安があれば、引き続きご相談ください。

よくあるご質問

企業様から紹介手数料を頂くことで成り立っておりますので、ご利用者様からは一切料金を頂いておりません。
はい。在職中でもご利用いただけます。ご面談のお時間などご都合の良い日時をご指定いただけたらと思います。 どうしても担当キャリアアドバイザーと日程が合わない場合は、他のキャリアアドバイザーが担当する場合もございますので、ご了承くださいませ。
問題ございません。今すぐに転職をされない場合であっても、ご利用いただけますので、今後のためにもご相談下さい。
キャリア支援を受けても、ご利用者様のご意向に沿わない場合もございますので、無理に転職をする必要はございません。
必ず応募していただく必要はございません。ご検討いただいた上で、ご意向に沿わない場合は、他の求人の紹介を希望していただけます。
転職者様以外でも、新卒、第二新卒者様に対しても、キャリア支援を行っておりますので、ご利用下さいませ。
全国の求人を取り扱っておりますので、居住地、希望勤務地に合わせてご提案させていただきます。
企業様の事情で一般に公開していない求人のことです。多業種・多職種の非公開求人がございますので可能性を広げられます。非公開求人は、キャリア支援にお申し込みいただいた方にのみのご紹介となります。
キャリアアドバイザーによる
就職・転職支援はこちら