質問
2021/02/14 08:02 作成

派遣社員だったのを正社員と偽り転職活動をしたらバレますか?
今は派遣社員として2年ほど同じ派遣先に勤めていて、社会保険、雇用保険も加入しています。この度正社員を目指して転職活動を始めようと思っていますが、
勤務内容はほとんど正社員と同じだったので、履歴書にこの2年間は正社員雇用だと書き、スキルアップのための転職だと言ったら嘘がバレてしまいますか?
変な質問で申し訳ありませんが、知識として教えてもらえたらと思います。

匿名
回答 2 件
2021/02/15 11:16 作成
キャリアアドバイザー Takashi Miyamoto Labor Labo代表|求職者に寄り添うフリーランスのキャリアカウンセラー
キャリアアドバイザー Takashi Miyamoto

Labor Labo代表|求職者に寄り添うフリーランスのキャリアカウンセラー

転職支援をきっかけに、クライアントのキャリアアップを目的とするサービスを展開しています。
◎今の仕事って向いてる...

こんにちは。

雇用形態を偽ることは経歴詐称になりますので、バレるバレない以前にやめておきましょう。

また、社会保険、雇用保険に加入している場合、前職での加入履歴も確認できます。
もし、経歴を詐称したことが内定後、入社後に発覚した場合、その内定や採用を取り消しとなる可能性もありますのでご注意ください。

派遣社員でも正社員と同等の業務に就いて、それを頑張ってこられたということは評価に値しますが、それを偽ってしまうことでその頑張ってきたことも評価されなくなります。
もし、仕事内容をアピールしたいのであれば、職務経歴書にしっかりとその内容を記載してアピールしましょう。
どんな仕事をして、そんな成果を上げて、どんなスキルを身に着けたか、それが伝わるような職務経歴書を作成できれば、仕事に対する評価は得られるはずです。

一般的に派遣社員の経歴は正社員より下に見られがちです。
そういう考えに及ぶことも理解はできますが、嘘はどこかで必ずバレます。

そういったやましい気持ちを一人で抱えて日々を過ごすのも日が経つにつれて辛さが増していきます。
あなたの人間性にも関わる問題ですので、これまでのご経歴については正確に記載頂ますようお願いいたします。

2021/02/15 23:02 作成
やまもとゆき 国家資格キャリアコンサルタント,GCDF-Japan,MBA
やまもとゆき

国家資格キャリアコンサルタント,GCDF-Japan,MBA

大手からベンチャーまで複数の会社の人事で仕事をしてきました。
様々な経験からゆるく気軽にお話をすることができると...

出来ればきれいな履歴内容で自分に有利な転職活動をしたいですよね。
まず、派遣社員を正社員と偽ることはかなり難しいと考えます。
派遣元会社の正社員として記載するようであれば、派遣元会社の業態と仕事内容が異なる可能性が出てきます。
派遣先の正社員として記載するというのであれば、実際に所属していた会社とは異なるということですので、社会保険や住民税の手続きを行う際に前職の社名が異なることが知られる可能性が高いです。
また、前職の知り合いが転職しようとした会社にいた、などといった人を介した情報の共有の可能性もあります。
同じ業界、同じような職種、近い地域などであれば案外横のつながりはありますし、インターネットの普及した今の世の中ではSNSでつながっている方も多くいます。
転職してくる人のことをインターネットで検索したりも出来ますし、質問者様の経歴を見かける可能性は低くはありません。
更に大きな問題は、嘘がばれたとき非常に厳しい措置が取られかねないということです。
ご自身も「偽る」という言葉を使用されていることからご認識されていると思いますが、実際の雇用形態と異なることを記載することは経歴詐称です。
経歴に詐称がある場合は解雇とする会社も少なくありません。
そうなると、今後の質問者様の将来に大きな傷を作ることになります。
勤務内容が正社員と同じだったのであれば、それを誠実に伝えることで理解を得られると思います。
そこで理解を得られないような会社は、入社した後も楽しく仕事ができない可能性が高いです。
スキルアップについてどこまで掘り下げられているかにもよりますが、比較して「正社員になりたいから」という強い意志も志望動機としては明確です。
(なぜ正社員になりたいのか、という理由も必ず必要ですが。)
嘘をついて取り繕おうとすると、必ずどこかで綻びが生まれ、うまくいかないことになります。
多くの会社が誠実で正直な人を採用しようとしますので、ぜひご自身を偽ることのないように、ご自身の良いところを最大限にアピールしてみてください。
きっと、あなたの良さを分かってくれる会社がありますし、そのような会社があなたを幸せにしてくれると思います。


この質問の回答者
キャリアアドバイザー Takashi Miyamoto Labor Labo代表|求職者に寄り添うフリーランスのキャリアカウンセラー

京都府 京都市山科区   https://labor-labo.com/

転職支援をきっかけに、クライアントのキャリアアップを目的とするサービスを展開しています。 ◎今の仕事って向いてるの? ◎異業種へのキャリアチェンジ ◎経験を活かしたステップアップ キャリアの棚卸し、転職サイトの選び方、求人情報の取捨選択、応募書類作成、求人応募、面接対策、退職交渉、転職にまつわる全てのシーンをカバーします。 ※ただし、今の仕事を続けることをおすすめする可能性もありますのでご了承ください。

やまもとゆき 国家資格キャリアコンサルタント,GCDF-Japan,MBA

東京都  

大手からベンチャーまで複数の会社の人事で仕事をしてきました。 様々な経験からゆるく気軽にお話をすることができると思います。 ゲーム業界などのお話も得意です。 よろしくお願いします!

関連する質問

あなたの魅力・能力をより引き出してくれるキャリアアドバイザーを選んで、
一緒に就職・転職活動をしませんか?

キャリア支援は、キャリア相談からあなたに合った求人のご提案、書類添削や面接対策など、
内定獲得までをサポートする職業紹介事業者(人材エージェント)による職業支援です。
求職者の方は全て無料でご利用いただけます。

キャリアアドバイザーを探す

キャリア支援の流れ

1
キャリアアドバイザーとオンラインまたは電話でご面談いただきます。相談ごとがございましたらお伝えください。
2
面談内容をもとに、最適な求人を非公開求人などの中からご提案いたします。必要に応じて履歴書、職務経歴書の添削、面接対策、面接日の調整などを行います。
3
内定が出た後は、入社に向けての調整サポートをいたします。入社後不安があれば、引き続きご相談ください。

よくあるご質問

企業様から紹介手数料を頂くことで成り立っておりますので、ご利用者様からは一切料金を頂いておりません。
はい。在職中でもご利用いただけます。ご面談のお時間などご都合の良い日時をご指定いただけたらと思います。 どうしても担当キャリアアドバイザーと日程が合わない場合は、他のキャリアアドバイザーが担当する場合もございますので、ご了承くださいませ。
問題ございません。今すぐに転職をされない場合であっても、ご利用いただけますので、今後のためにもご相談下さい。
キャリア支援を受けても、ご利用者様のご意向に沿わない場合もございますので、無理に転職をする必要はございません。
必ず応募していただく必要はございません。ご検討いただいた上で、ご意向に沿わない場合は、他の求人の紹介を希望していただけます。
転職者様以外でも、新卒、第二新卒者様に対しても、キャリア支援を行っておりますので、ご利用下さいませ。
全国の求人を取り扱っておりますので、居住地、希望勤務地に合わせてご提案させていただきます。
企業様の事情で一般に公開していない求人のことです。多業種・多職種の非公開求人がございますので可能性を広げられます。非公開求人は、キャリア支援にお申し込みいただいた方にのみのご紹介となります。
キャリアアドバイザーによる
就職・転職支援はこちら