質問
2021/02/13 11:13 作成

社会人一年目の者です。会社の同期が文句ばかり言っていて萎えています。
私の会社はコロナ禍でもボーナスが年間6ヶ月出た上に、社宅に光熱費込みで一万円以下で住め、残業は1日30分程度であり、かなりホワイトな企業です。
それなのに同期は「給料が低い」「定時に帰れないからブラック」といった世間知らずな文句を毎日のように言っています。また、「やりたい業界ではなかったからやる気が出ない」といって最低限の仕事すらしません。
労働意欲が低い人が多く、マイペースな人ばかりでイライラすることがあります。
私は待遇に満足している(むしろ仕事量から見て貰いすぎている)と感じているので、彼らの言い分に全く共感できません。やる気のない同期の愚痴に付き合うのは今の会社で働き続けるためのコストなのでしょうか?

匿名
回答 2 件
2021/02/13 14:19 作成
キャリアアドバイザー Takashi Miyamoto Labor Labo代表|求職者に寄り添うフリーランスのキャリアカウンセラー
キャリアアドバイザー Takashi Miyamoto

Labor Labo代表|求職者に寄り添うフリーランスのキャリアカウンセラー

転職支援をきっかけに、クライアントのキャリアアップを目的とするサービスを展開しています。
◎今の仕事って向いてる...

こんにちは。
職場にはそういった文句や愚痴をこぼして周囲にあまり良い影響を与えない方がいらっしゃることがあります。
そういった悪影響は連鎖することが多いので、かえってあなたのモチベーションが下がってしまうのではないかと心配ではあります。

さて、ご質問についてですが、これを「コスト」と捉えてしまうとあなたが大変なだけです。
当事者へ「そういう話をするのを止めてほしい」と言えれば楽かもしれませんが、それだと波風が立ってしまいます。
無難な方法として、少し冷たいかもしれませんが、適当にあしらう(無視する)のが一番ではないかと思います。

もしかするとあなたが優しく話を聞いてくれるので、相手もそれに甘えて色々と愚痴をこぼしているのかもしれません。
なんに対しても不平不満を口にする他責傾向が強い、「そういう人」なんだと割り切ってしまうことであなたの精神上の不衛生は解消されるかもしれません。

ただ、就労環境の都合でそういった自己解決ができない場合もあります。
周囲にそういったことを相談できる上司の方がいらっしゃれば相談してみるのも一つの手段です。
良い上司でしたらモチベーションをしっかり持って働きたいあなたの相談をないがしろにはできないはずです。

しかし、「労働意欲が低い人が多く、マイペースな人ばかりでイライラすることがあります。」ということなのでそういう人がいない可能性もあります。
このケースは先述の自己解決策を図りながらどこまで我慢できるか、もしくは受け入れることができるかがポイントです。
極論になってしまいますが、今の労働条件と労働環境を天秤にかけ、どちらが良いかを考え、労働環境を優先したい場合、他の道を探すのも一つの選択肢です。
給与などの待遇はもちろん大事ですが、そういった環境で長く働き続けることの是非についても考える必要があるかもしれません。

転職を勧めるわけではありませんが、情報収集をしておいてもきっと損はないでしょう。
自分を変えることは他人を変えるよりもずっと容易いと思いますので、ご参考いただけますと幸いです。

2021/02/13 15:08 作成
キャリアアドバイザー 佐藤 豪 外資系 執行役員人事総務総括・国家資格キャリアコンサルタント
キャリアアドバイザー 佐藤 豪

外資系 執行役員人事総務総括・国家資格キャリアコンサルタント

長年、人事総務を担当しております。日本企業米系企業を経験して10年の米国勤務経験も有ります。10年程前にキャリアコ...

回答させていただきます。私は現在外資系人事責任者をしております。相談者様のご質問を拝見し大変私自身悲しくなりました。それは、自分自身が人事責任者とし日頃から「会社に入って頂いている従業員の方々は殆ど、希望に満ちて溌溂と頑張っている」と信じて採用しているからです。しかし自分自身の経験で大変申し訳ありませんが思い起こせば最初に入社した一部上場の老舗電機会社で、入社した海外営業本部出勤初日に私の係長から「佐藤さんはなんでこんな会社(?)に入社したの?商社・銀行の方が良かったのではないですか?」と言われた時は頭の中が真っ白になってしまった事を昨日の様に記憶しております。そもそも論ですが「何を持って是とするのか?良しとするのか?非と考えるのか?」これは、私自分自身の“心・哲学”に因ると思います。まだ、相談者様は若くて社会人経験も、短いので中々ここまでの境地には達しないと思いますが一番大事な事は「上を見ればきりがない!下を見てもきりがない!」「ご自身が今の業務に満足出来るか?会社を通して成長出来るか?」を先ず考えて頂ければと思います。貴殿の言われる「労働意欲が低い人が多く、マイペースな人ばかり」ですが、人間は育った環境・おかれた境遇は千差万別ですので一々確認も出来ませんね。出来るだけ周りの雑音は無視して貴殿の目標に向かって頑張って頂ければと思います。アドバイスとして、私が困った時や悩んだ時に思い出すのは、シャンソン歌手の美輪明宏さんの言葉「お仕事は趣味でもなければ、楽しいものではありません!!我慢料を頂いて頭を下げてお給料を頂くもの」と言われた事が有ります。これは自分自身への戒めの言葉です。
万一、周りの職場環境(人・物・情報)が劣悪になった場合は転職も視野に入れても良いと思いますが先ずは1~2年このジャングル環境を楽しんで良い経験をされる事をお薦め致します。以上が少しでも参考に成れば幸いです。応援しております。
佐藤 豪


この質問の回答者
キャリアアドバイザー Takashi Miyamoto Labor Labo代表|求職者に寄り添うフリーランスのキャリアカウンセラー

京都府 京都市山科区   https://labor-labo.com/

転職支援をきっかけに、クライアントのキャリアアップを目的とするサービスを展開しています。 ◎今の仕事って向いてるの? ◎異業種へのキャリアチェンジ ◎経験を活かしたステップアップ キャリアの棚卸し、転職サイトの選び方、求人情報の取捨選択、応募書類作成、求人応募、面接対策、退職交渉、転職にまつわる全てのシーンをカバーします。 ※ただし、今の仕事を続けることをおすすめする可能性もありますのでご了承ください。

キャリアアドバイザー 佐藤 豪 外資系 執行役員人事総務総括・国家資格キャリアコンサルタント

東京都 武蔵野市吉祥寺 

長年、人事総務を担当しております。日本企業米系企業を経験して10年の米国勤務経験も有ります。10年程前にキャリアコンサルタントの資格を取り皆さんにキャリア相談も行っております。グローバル人事・キャリア相談ならなんでもご相談受付ます。

関連する質問

あなたの魅力・能力をより引き出してくれるキャリアアドバイザーを選んで、
一緒に就職・転職活動をしませんか?

キャリア支援は、キャリア相談からあなたに合った求人のご提案、書類添削や面接対策など、
内定獲得までをサポートする職業紹介事業者(人材エージェント)による職業支援です。
求職者の方は全て無料でご利用いただけます。

キャリアアドバイザーを探す

キャリア支援の流れ

1
キャリアアドバイザーとオンラインまたは電話でご面談いただきます。相談ごとがございましたらお伝えください。
2
面談内容をもとに、最適な求人を非公開求人などの中からご提案いたします。必要に応じて履歴書、職務経歴書の添削、面接対策、面接日の調整などを行います。
3
内定が出た後は、入社に向けての調整サポートをいたします。入社後不安があれば、引き続きご相談ください。

よくあるご質問

企業様から紹介手数料を頂くことで成り立っておりますので、ご利用者様からは一切料金を頂いておりません。
はい。在職中でもご利用いただけます。ご面談のお時間などご都合の良い日時をご指定いただけたらと思います。 どうしても担当キャリアアドバイザーと日程が合わない場合は、他のキャリアアドバイザーが担当する場合もございますので、ご了承くださいませ。
問題ございません。今すぐに転職をされない場合であっても、ご利用いただけますので、今後のためにもご相談下さい。
キャリア支援を受けても、ご利用者様のご意向に沿わない場合もございますので、無理に転職をする必要はございません。
必ず応募していただく必要はございません。ご検討いただいた上で、ご意向に沿わない場合は、他の求人の紹介を希望していただけます。
転職者様以外でも、新卒、第二新卒者様に対しても、キャリア支援を行っておりますので、ご利用下さいませ。
全国の求人を取り扱っておりますので、居住地、希望勤務地に合わせてご提案させていただきます。
企業様の事情で一般に公開していない求人のことです。多業種・多職種の非公開求人がございますので可能性を広げられます。非公開求人は、キャリア支援にお申し込みいただいた方にのみのご紹介となります。
キャリアアドバイザーによる
就職・転職支援はこちら