質問
2020/10/27 17:45

在宅勤務できる会社に面接に行きますが、希望理由を聞かれたら正直に「在宅勤務できるから」と言ったら、印象良くないと思うのですが、どうゆう言い回しで伝えるのがいいでしょうか?全く在宅勤務希望を伝えなかったら、会社勤務に回されるかもしれませんので、上手に伝えられたらと思います。何か良いアドバイスあればお願いします。

匿名
回答 2 件
2020/10/27 23:16
キャリアアドバイザー 高木屋(キャリアアドバイザー) 国家資格キャリアコンサルタント
キャリアアドバイザー 高木屋(キャリアアドバイザー)

国家資格キャリアコンサルタント

大学卒業後、法人向け広告営業に計8年(うちリーダー3年半)従事。
その後独立し、事業コンサル、人材紹介事業を行っ...

はじめまして。
在宅勤務可能な企業の面接で話す志望理由についてお悩みとのこと。
志望理由(志望動機)は何をどのように答えてよいか、判断が難しいことの1つですね。

お悩みになっている「在宅勤務できるから」という志望動機は間違っているわけではありません。
本当にそこがだけが志望理由であるならば、お伝えになられてよいと思います。
ただし、なぜ在宅勤務である必要があるか、をしっかりと話す必要があります。

在宅勤務を希望される理由が、「時間を有効に使える」、「通勤時間を他のことにあてられる」
くらいの内容だと、おっしゃるとおり印象はよくないでしょう。

在宅勤務は働く「手段」であって「目的」ではありません。
企業が問う志望理由は、働く「目的」を知るための質問です。

「目的」を聞いているのに「手段」を答えられてしまうと、
採用担当者としては「コミュニケーション能力がない」という判断をせざるを得ません。

「言い回し」についてのアドバイスをご希望かと思いますが、
今一度面接を受ける企業をなぜ受けるのか、再考されることをオススメ致します。

在宅勤務ができれば、どんな仕事でもよいのでしょうか。
きっと、「在宅勤務がしたい」の手前に「この仕事がしたい」というお気持ちがあったはずです。
そのお気持ちが「志望動機」です。

ご期待されている回答とは違う回答になっているかもしれませんが、
文章を拝読する限り、あと一歩で「お答え」に辿り着けそうな気もしております。
ぜひもう一度ご自身と向き合い、よい転職活動としていただければと思います。

2021/03/11 23:38
キャリアアドバイザー 小林 純子 キャリアコンサルタント(国家資格)、フリーランスライター、元CA、元コンサルタント
キャリアアドバイザー 小林 純子

キャリアコンサルタント(国家資格)、フリーランスライター、元CA、元コンサルタント

航空会社に勤務後、監査法人とコンサルタント会社でコンサルタントを経験。出産を機にフリーランスライターとなり、育児を...

はじめまして。在宅勤務ができることに魅力を感じているが、希望理由でどのように伝えたら良いかというご質問ですね。

まずご相談者さまが、求人情報を見てその業種や職種で良いと思った理由があると思います。今までの経験やその企業でやってみたい仕事について語った上で、在宅勤務ができることを理由として挙げるのは全く問題ありません。

言い方としては、「在宅勤務など、御社の柔軟な働き方に配慮している点に魅力を感じました」「在宅勤務により、ワークライフバランス
も大切にしながら効率的に働きたい」など、多様な働き方を推進している姿勢を評価したり、社会問題と絡めて在宅勤務を語ることでポジティブな姿勢をアピールできます。

在宅勤務について語った時の面接担当者の反応で、「実は在宅勤務を歓迎していない会社」か「在宅勤務をする社員が多く、働き方改革を実現している会社」かを知ることができるのではないでしょうか。面接時に感触を得ることで、入社後の後悔がないことにつながると思います。言い方に気をつけながら、ご相談者さまが望む在宅勤務が可能な職場環境かどうか確かめてください。


この質問の回答者

対応地域 全国

専門業種 管理部門・事務・企画, セールス・営業, サービス・店舗・販売, ITエンジニア(システム開発、インフラなど), クリエイティブ・広告・マスコミ, 教育・医療・福祉関連職, 専門職(コンサルタント、金融、不動産、士業), 建築・土木技術者,

専門領域 新卒, 若手, マネジメント層・プロフェッショナル,

就職・転職支援を申し込む
キャリアアドバイザー 小林 純子 キャリアコンサルタント(国家資格)、フリーランスライター、元CA、元コンサルタント

対応地域 全国

専門業種 管理部門・事務・企画, セールス・営業, サービス・店舗・販売, ITエンジニア(システム開発、インフラなど), クリエイティブ・広告・マスコミ, 教育・医療・福祉関連職, 専門職(コンサルタント、金融、不動産、士業), 電気、電子、機械技術者, 素材、食品、医薬品技術者, 建築・土木技術者,

専門領域 新卒, 若手, マネジメント層・プロフェッショナル,

就職・転職支援を申し込む

あなたの就職・転職を
キャリアアドバイザー
キャリア相談からサポート

無料で相談する

logo_color
関連する質問

在宅
面接

直接相談できるキャリアアドバイザー

キャリア相談から求人の紹介、書類添削、面接対策などの
就職・転職支援が受けられます(無料)。
詳しくはこちら