質問
2020/10/21 17:56 作成

失業保険について質問があります。
私は現在正社員で働いていますが、訳あって11月から会社都合で無職になります。その後はひとまず失業保険を受給しようと思っていましたが、つい最近、1ヶ月半の短期の派遣の仕事の紹介がありました。この場合ですと、短期の派遣の仕事をしてしまうと、その後に会社都合の失業保険の受給はできないということになるんでしょうか?
短期の仕事ではありますが、少し興味のある仕事なので、経験のためやってみたい気持ちがあります。
どうぞ教えてください。宜しくお願い致します

匿名
回答 1 件
2020/10/23 00:00 作成
やまもとゆき 国家資格キャリアコンサルタント,GCDF-Japan,MBA
やまもとゆき

国家資格キャリアコンサルタント,GCDF-Japan,MBA

大手からベンチャーまで複数の会社の人事で仕事をしてきました。
様々な経験からゆるく気軽にお話をすることができると...

失業保険はわかりにくくて不安になりますよね。
まず、失業保険とは、ご存じの通り雇用保険制度のひとつで、「失業等給付」のことを指します。
「働く意思があるのに定職に着けていない状態」であり、「離職の日以前2年間に雇用保険の被保険者期間が通算1年以上あること」が給付の受給条件です。
雇用保険に加入している=定職についているという考え方になりますので、ご質問の1カ月半の短期の派遣の仕事が雇用保険の加入対象であれば、失業等給付を受給する資格がないとされます。
雇用保険の加入対象は「31日以上の雇用見込みがあること」「1週間の所定労働時間が20時間以上であること」になりますので、今回のケースは1週間の所定労働時間が20時間以上のお仕事であれば強制的に雇用保険に加入することになり、失業等給付はもらえないということになります。
代わりに、短期派遣のお仕事が雇用保険の加入対象の場合、短期派遣のお仕事が満了した後に失業保険がもらえる可能性はあります。
その際の給付金は、退職する直前の6か月間の給与総額から算出されることとなりますので、前職と短期派遣の分が通算される可能性があります。
一方で、短期の派遣のお仕事が雇用保険の加入対象外であれば、失業保険をもらいながらお仕事をすることが可能です。
失業保険の待機期間は働かないことを前提に、勤務時間が1日4時間以上週20時間未満である場合は、ハローワークに申告することで、失業等給付を受給しながらお仕事をすることが可能です。
ただし、働いた時間や金額によっては減額の対象となるので注意が必要です。
一旦、把握できる情報をもとに説明をさせていただきましたが、現在のご状況や短期派遣の条件等によって内容が異なる部分があるため、一度所轄のハローワークでご相談されることをお勧めします。
ぜひ、無理のないワークライフが送れるよう、色々な制度を活用してみてください!


この質問の回答者
やまもとゆき
回答数 56
国家資格キャリアコンサルタント,GCDF-Japan,MBA

東京都  

大手からベンチャーまで複数の会社の人事で仕事をしてきました。 様々な経験からゆるく気軽にお話をすることができると思います。 ゲーム業界などのお話も得意です。 よろしくお願いします!

関連する質問