質問
2020/09/11 17:37 作成

ブラック企業、ホワイト企業がありますが、たとえ大企業で、福利厚生が充実していてもブラックだったということもありえますか?それぞれ入社前にどこを見て判断したらいいですか?

匿名
閲覧数:14
回答 1 件
2020/09/11 20:29 作成
相談可 佐藤 豪 外資系 執行役員人事総務総括・国家資格キャリアコンサルタント
相談可 佐藤 豪

外資系 執行役員人事総務総括・国家資格キャリアコンサルタント

長年、人事総務を担当しております。日本企業米系企業を経験して10年の米国勤務経験も有ります。10年程前にキャリアコ...

回答させて頂きます。私は現在外資系人事責任者をしております。この度の相談者様からのご質問を拝見させて頂いた時、正直弊社は“ブラック企業 orホワイト企業”どっちだろうか?とはたと心配になりました。先ず、一般的に世間で言われている“ブラック企業?
ホワイト企業?“とはいったいどの様なイメージなのか共有させて頂きたいと思います。

1.ホワイト企業のイメージを一言で表すと「最高の労働環境」と言われております。
① 福利厚生が手厚く、様々なサービス・休暇制度がある。
② 離職率が低く、勤続年数が長い。
③ 女性が働きやすい環境がある。“産前産後・育休・時短・・、等の制度が充実し
ている。
④ ワークライフバランスが重視されている“FX/コアtime制度、半休制度”等が整
備されている。
⑤ メンタルヘルスの窓口が設置されている“定期的なセミナーや法令に則ったサ
ポート”が充実している。

2.ブラック企業は、簡単に言えば「労働環境が悪い会社」と言えます。
ホワイト企業は人材に投資し資産と考えますが、ブラック企業は会社の利益のため労働者に業務負担を過大に押し付けていることが多いです。
① 残業時間が圧倒的に多く、サービス残業が常態化している。
② 休日が少なく、代休等が取得し難い。
③ パワハラ・モラハラが頻繁に発生し、そのサポート・対策に会社が消極的であ
る。
④ 研修等のスキル構築を支援する制度が少なく、業務上必要でも時間的&資金的サ
ポートが少ない。
⑤ 全社員満足度調査等の社員の声をくみ取る機会が少なく、行っても結果を反映し
ない。
3.見極め方
上記、2を勘案した時見極め方は実は本当に難しい事ですが“HPで中途採用の数・頻度が半端でない”これは、離職率が高い証拠です。但し、売上が伸びている時は一般的には採用数は多くなります。
少し乱暴ですが、大手就職サポート企業にメール・電話又は、アポを取ってOne on oneで希望企業をお話ししてご自身の懸念点をお聞きして下さい。もし、コンサルがNoコメントと答えた企業が有ればそれは間違いなく“ブラック企業です”。
また、HPで会社幹部(取締役・執行役員)に女性役員が多い企業はCSR/企業市民本位の会社多いと言われております。以上が少しでも参考に成れば幸いです。応援しております。
佐藤 豪


人事の方からお答えいただき恐縮です!とても詳しく参考になりました!ありがとうございました!

匿名
2020/09/12 17:15 作成

この質問の回答者
相談可 佐藤 豪
回答数 131
外資系 執行役員人事総務総括・国家資格キャリアコンサルタント
相談可 佐藤 豪

外資系 執行役員人事総務総括・国家資格キャリアコンサルタント

長年、人事総務を担当しております。日本企業米系企業を経験して10年の米国勤務経験も有ります。10年程前にキャリアコンサルタントの資格を取り皆さんにキャリア相談も行っております。グロ...

東京都 武蔵野市吉祥寺 

長年、人事総務を担当しております。日本企業米系企業を経験して10年の米国勤務経験も有ります。10年程前にキャリアコンサルタントの資格を取り皆さんにキャリア相談も行っております。グローバル人事・キャリア相談ならなんでもご相談受付ます。

メールで相談する
関連する質問
関連する質問