質問
2020/09/08 09:45 作成

就活中にいわゆる圧迫面接を受けました。怖いとは思ったのですが、結果としては通過となり、あれはわざとストレス耐性をみるためだったと言われました。
おっしゃることは分かるのですが、あえて厳しい言い方をする、追い詰めるような面接をする必要はあるのでしょうか?

匿名
閲覧数:20
回答 1 件
2020/09/08 11:57 更新
相談可 石井伴宜 キャリアコンサルタント、ビジネス法務エキスパート®
相談可 石井伴宜

キャリアコンサルタント、ビジネス法務エキスパート®

13年程人材業界に従事しております。派遣・職業紹介・請負の事業部責任者として、スタッフ/企業両面の対応経験がござい...

こんにちは。就活ご苦労様です。
圧迫面接は、一般的に「ストレス耐性」と「臨機応変な対応力」があるかどうかを見極める為に行うことが多いです。
仕事をしていくと、理不尽な要望やクレーム対応、数字のプレッシャー等のストレスがかかる事が多々あり、そういう状況でも適応できそうかという点を面接という短い時間内でチェックする方法の1つで、学生や求職者の反応を見る手っ取り早いやり方ではありますが、個人的には時代錯誤なやり方だと思っています。
恐らく昔から行っているやり方を踏襲しているのだと思いますが、コンプライアンス的にも褒められたやり方ではないですね・・・


ありがとうございます、そうなのですね。
勉強になりました!!

匿名
2020/09/08 16:43 作成

この質問の回答者
相談可 石井伴宜
回答数 20
キャリアコンサルタント、ビジネス法務エキスパート®
相談可 石井伴宜

キャリアコンサルタント、ビジネス法務エキスパート®

13年程人材業界に従事しております。派遣・職業紹介・請負の事業部責任者として、スタッフ/企業両面の対応経験がございますので、机上の知識だけではなく、実態に沿った具体的なアドバイスが...

東京都 港区新橋2-16-1 ニュー新橋ビル6階   https://alvas-design.co.jp

13年程人材業界に従事しております。派遣・職業紹介・請負の事業部責任者として、スタッフ/企業両面の対応経験がございますので、机上の知識だけではなく、実態に沿った具体的なアドバイスが可能です。 併せて、ビジネス法務エキスパートとして、各種労務問題にも対応しておりますのでお気軽にお問い合わせくださいませ。

メールで相談する
関連する質問
関連する質問