質問
2020/09/03 18:31 作成

再就職先がなかなか決まりません。ある企業でトライアル雇用があり応募しようかと考えていますが、トライアル雇用を使ったほうが採用されやすくなりますか?期間が3ヶ月と長いので無駄には時間を使えません。もし不採用だった場合、履歴書にはトライアル雇用のことは書くことはプラスになりますか?

匿名
閲覧数:15
回答 1 件
2020/09/03 20:20 作成
相談可 佐藤 豪 外資系 執行役員人事総務総括・国家資格キャリアコンサルタント
相談可 佐藤 豪

外資系 執行役員人事総務総括・国家資格キャリアコンサルタント

長年、人事総務を担当しております。日本企業米系企業を経験して10年の米国勤務経験も有ります。10年程前にキャリアコ...

回答させて頂きます。私は現在、外資系人事責任者をしております。昨今の求人市場はコロナウイルス問題下でかなり厳しい状況が続いております。さて、貴殿のご質問ですが「トライアル雇用を使ったほうが採用されやすくなりますか?」「もし不採用だった場合、履歴書にはトライアル雇用のことは書くことはプラスになりますか?」ですがその前に企業にとってのトライアル雇用の意義と求職者にとっての意義を以下に纏めましたのでご確認下さい。
1.トライアル雇用の目的
企業にとって、トライアル雇用とは求職者の採用に関し、適切な正規雇用としての要件を見極める目的として、一定期間(原則3か月)の試用期間を設けた上で採用することです。企業と求職者双方にとって相互理解を促進し、ミスマッチの無い雇用を実施しようとする事が大きな目的です。

求職者にとっては適切な会社を見つけやすくなるだけでなく、トライアル雇用期間中に、新しい技能や知識を身に付けることができます。企業は、求職者の業務遂行能力など職務に対する適性を、期間中に見極めることができます。従って、これまで企業も人材不足でこぞって積極採用に傾いていましたが、双方でじっくり観察・評価する機会を設ける事は正しい採用方向と思います。

2.履歴書にはトライアル雇用のことは書くことはプラスになりますか?
本件は“3か月後に正社員採用されても、縁が無く3か月で終了しても履歴書にはっきり明記する事は決して、不利にはなりません。万一、他社面談でこの期間の事を聞かれた場合は「双方で最終的に話し合い、3か月で終了させて頂きました。」とお答えして頂ければ結構です。
3.最後に
今後の採用マーケットの状況は簡単には読めませんが恐らく“IT,AI,在宅勤務消費関連”は間違い無く好調に推移すると思いますが、他の産業での採用は横ばいか、低下が予想されますので、貴殿の目指す産業・職種事情を人材会社のレポート等参考に検討して下さい。
以上が少しでも参考に成れば幸いです。応援しております。
佐藤 豪


この質問の回答者
相談可 佐藤 豪
回答数 131
外資系 執行役員人事総務総括・国家資格キャリアコンサルタント
相談可 佐藤 豪

外資系 執行役員人事総務総括・国家資格キャリアコンサルタント

長年、人事総務を担当しております。日本企業米系企業を経験して10年の米国勤務経験も有ります。10年程前にキャリアコンサルタントの資格を取り皆さんにキャリア相談も行っております。グロ...

東京都 武蔵野市吉祥寺 

長年、人事総務を担当しております。日本企業米系企業を経験して10年の米国勤務経験も有ります。10年程前にキャリアコンサルタントの資格を取り皆さんにキャリア相談も行っております。グローバル人事・キャリア相談ならなんでもご相談受付ます。

メールで相談する
関連する質問
関連する質問