質問
2020/09/01 21:54 作成

社長から会社を継がないか?と声をかけてもらいました。とても嬉しいのですが、具体的にどうすればよいのかわかりません。
特に従業員から経営者になるということは、雇用保険などもなくなるということでしょうか。
どういう点が変わってくるのか、気をつけるポイントなどがあれば教えてください。

匿名
閲覧数:33
回答 1 件
2020/09/03 08:09 作成
人材コンサルタント 洋一 社会保険労務士資格合格・第一種衛生管理者・宅地建物取引士資格合格・調理師等取得
人材コンサルタント 洋一

社会保険労務士資格合格・第一種衛生管理者・宅地建物取引士資格合格・調理師等取得

人材・人事・労働のコンサルタントをしています。
働く人の相談にのるボランティアもやっています。
少しでも、皆様...

人材コンサルタントをしています。
また働く人の相談にのるボランティアをしています。

回答いたします。
とても嬉しいですよね。
おめでとうございます。
従業員から経営者になると変わる点についてお伝えします。
まずは質問にあるように雇用保険には入れなくなります。
社長をやめたり、会社が倒産しても国から失業保険のようなものは貰えなくなります。
ただし、小規模企業共済(従業員数での制限あり)などの制度や民間の保険などに加入して、いざというときのために備えることはできます。
ですので、心配する必要はないと思います。

次に従業員数が多いのであれば、労災には入れなくなります。
例えば製造業であれば、従業員300人以下のような条件です。
あとは、社長になると労働時間という概念がなくなります。
極端なことを言えば、毎日朝から晩まで働いても、毎日休んでも、役員報酬(社長の給与)は変わらないのです。
それにともない、年次有給休暇がなくなります。
ちなみに、法人であれば厚生年金と健康保険には社長でも強制加入ですので、今までと変わりません。

以上になります。
少しでもご参考になれば幸いです。
社長頑張ってください。


この質問の回答者
人材コンサルタント 洋一
回答数 88
社会保険労務士資格合格・第一種衛生管理者・宅地建物取引士資格合格・調理師等取得
人材コンサルタント 洋一

社会保険労務士資格合格・第一種衛生管理者・宅地建物取引士資格合格・調理師等取得

人材・人事・労働のコンサルタントをしています。
働く人の相談にのるボランティアもやっています。
少しでも、皆様のお役に立てるよう日々勉強しています。
よろしくお願いします。

人材・人事・労働のコンサルタントをしています。 働く人の相談にのるボランティアもやっています。 少しでも、皆様のお役に立てるよう日々勉強しています。 よろしくお願いします。

関連する質問
関連する質問