質問
2020/08/09 23:48 作成

私は自分の家族が経営する会社で働いていますが、顧問会計士さんによると、経営者の家族の従業員は解雇の可能性が低いから雇用保険はかけられないと言われています。
代わりに小規模共済というものを勧められていて、これによって退職金の積立ができるからと言われました。
本当に雇用保険の代わりに小規模共済に加入で、もしも失業した場合は十分なんでしょうか?経営者が家族といっても、倒産したり、不仲から解雇されることもあると思い不安があります。また他にも良い案があれば教えていただきたいです。ちなみに私はこの会社の役員でもなくただの一社員です。宜しくお願いします。

匿名
閲覧数:23
回答 1 件
2020/08/10 17:24 作成
相談可 アーク・キャリアコンサルタント 社会保険労務士・キャリコンサルタント・日商簿記2級
相談可 アーク・キャリアコンサルタント

社会保険労務士・キャリコンサルタント・日商簿記2級

主に管理部門で勤務しておりました。
労務系の案件が得意です。よろしくお願いいたします。

家族経営の場合の雇用保険についてですが
事業主と同居の親族は、雇用されているといっても「労働者性」が不明確であり、解雇などにより失業することも通常は考えにくいためです。
したがって、事業主と同居の親族は原則として雇用保険の被保険者になれません。
形式的には法人であっても、実質的には代表者の個人事業と認められる場合も同様です。
ただし、但し、次の条件を満たす場合は被保険者となることがあります。
①同居の親族の他に一般従業員がいること
②就業実態が事業場における他の従業員と同じであり、給料も職務内容に応じて支払われていること
③労働時間や休日、休暇の管理や給料の決定計算方法が明確に定められており、その管理が他の従業員と同様になされていること
④業務を行う上で事業主の指揮命令に従っている
上記の内容を満たした上で、手続き方法としては、ハローワークに「同居の親族」雇用実態証明書を提出し、個別に判断を仰ぐこととなります。労働者性が判断されれば、雇用保険の適用を受けることも可能かと思います。

また、小規模共済につきましては、退職金としての積み立てになりますので、積立額の金額にもよりますが、失業時には有効なものと言えます。ただし、経営者や役員向けの制度であるため、加入に当たっては審査を受ける必要があります。
詳しくは、小規模企業共済へご相談された方がよろしいかと思います。


詳しいご回答ありがとうございました!
事業主と同居の親族にあたりますが、いくつか条件に該当すると思われるので、
一度ハローワークに申し出てみます!

匿名
2020/08/12 13:36 作成

この質問の回答者
相談可 アーク・キャリアコンサルタント
回答数 126
社会保険労務士・キャリコンサルタント・日商簿記2級
相談可 アーク・キャリアコンサルタント

社会保険労務士・キャリコンサルタント・日商簿記2級

主に管理部門で勤務しておりました。
労務系の案件が得意です。よろしくお願いいたします。

東京都 豊島区南池袋 

主に管理部門で勤務しておりました。 労務系の案件が得意です。よろしくお願いいたします。

メールで相談する
関連する質問
関連する質問