質問
2020/08/07 21:38 作成

雇用保険の教育訓練給付を利用して資格を取ろうと思っています。
ネットをみていると、内容により助成率が違っていたり、対象とならない資格や講座があることがわかりました。
参考書を購入しての自習の場合も対象となるのでしょうか?どこに尋ねたらよいかわからず、情報をいただけるとありがたいです。

匿名
閲覧数:23
回答 1 件
2020/08/08 09:07 作成
相談可 アーク・キャリアコンサルタント 社会保険労務士・キャリコンサルタント・日商簿記2級
相談可 アーク・キャリアコンサルタント

社会保険労務士・キャリコンサルタント・日商簿記2級

主に管理部門で勤務しておりました。
労務系の案件が得意です。よろしくお願いいたします。

教育訓練給付に関しての質問ですね。
まず、教育訓練給付には①一般教育訓練給付金、②専門型実践教育訓練給付金、③特定一般教育訓練給付金の3種類がありそれぞれ支給額が異なります。
また、それぞれの適用を受けるには支給対象や支給要件が異なります。①に関しては、比較的簡単に手続きができますが、②・③に関しては速やかな再就職および早期のキャリア形成に資する教育訓練を目的としていることから、対象とする訓練や、申請(ジョブカードの作成など)に対する方法も就職やキャリア開発を意識した内容となっています。
教育訓練給付金については、いずれも受講中の出席率やレポート回数、テストの点数などの要件がありますので、よく確認した上で受講するようにしてください。

また、ご質問で頂いている参考書を購入して自習するという場合については、教育訓練給付の対象とは成りません。

以下は、各教育訓練給付金の対象となる講座を検索できます。
【教育訓練給付金講座検索】
https://www.kyufu.mhlw.go.jp/kensaku/SCM/SCM101Scr02X/SCM101Scr02XInit.form

まずはご自身の雇用保険の被保険者期間などを確認した上で、興味のある講座がありましたら最寄りのハローワークに問い合わせされることがよろしいかと思います。

【訓練給付支給額】
①一般教育訓練給付に関しては教育訓練施設に支払った教育訓練経費の20%に相当する額となります。ただし、その額が10万円を超える場合は10万円とし、4千円を超えない場合は支給されません。
②専門型実践教育訓練給付金につきましては教育訓練施設に支払った教育訓練経費の50%に相当する額となります。ただし、その額が1年間で40万円を超える場合の支給額は40万円(訓練期間は最大で3年間となるため、最大で120万円が上限)とし、4千円を超えない場合は支給されません。さらに。専門実践教育訓練の受講を修了した後、あらかじめ定められた資格等を取得し、受講修了日の翌日から1年以内に被保険者として雇用された方又はすでに雇用されている方に対しては、教育訓練経費の20%に相当する額を追加して支給します。(上限有り)
③特定一般教育訓練給付金については教育訓練施設に支払った教育訓練経費の40%に相当する額となります。ただし、その額が20万円を超える場合は20万円とし、4千円を超えない場合は支給されません。


この質問の回答者
相談可 アーク・キャリアコンサルタント
回答数 127
社会保険労務士・キャリコンサルタント・日商簿記2級
相談可 アーク・キャリアコンサルタント

社会保険労務士・キャリコンサルタント・日商簿記2級

主に管理部門で勤務しておりました。
労務系の案件が得意です。よろしくお願いいたします。

東京都 豊島区南池袋 

主に管理部門で勤務しておりました。 労務系の案件が得意です。よろしくお願いいたします。

メールで相談する
関連する質問
関連する質問