質問
2020/08/02 09:12 作成

入社2年目の欧州お菓子メーカーの国内営業担当です。実は採用時“広報・宣伝”希望で最終面接でも“君は広報・宣伝に大変向いているね”と役員の方から言われて入社致しました。しかし、実際は国内営業で代理店回りです。やはり自分としては広報・宣伝を担当したいのですが、最低でも異動は1年以上必要の様です。転職も視野に入れていますが、このままこの会社にいて広報・宣伝の異動を待った方が良いでしょうか?助言頂きたいです。

匿名
回答 1 件
2020/08/02 10:44 作成
キャリアアドバイザー 佐藤 豪 外資系 執行役員人事総務総括・国家資格キャリアコンサルタント
キャリアアドバイザー 佐藤 豪

外資系 執行役員人事総務総括・国家資格キャリアコンサルタント

長年、人事総務を担当しております。日本企業米系企業を経験して10年の米国勤務経験も有ります。10年程前にキャリアコ...

回答させて頂きます。私は現在、外資系人事で責任者を担当しております。欧州のお菓子メーカーで国内営業されておられるのですね。梅雨・コロナ下で外出等大変ご苦労されておられると存じます。連日連夜大変お疲れ様です。さて貴殿のご質問ですが「自分としては広報・宣伝を担当したい」が現状踏まえてのアドバイスを頂きたいと理解させて頂きました。
私も知人に国際広報第一希望で最終配属先が「営業」で配属されて半年余り「異動したい、このまま営業だと転職したい」とかなり悩んでいた事例が有りましたが、最終的には営業3年半を経験した後、念願の「国際広報部」に異動となり現在は水を得た魚の様に毎日楽しそうに働いております。
さて、もし私が貴殿の会社の人事担当役員として考えた場合の貴殿のキャリアplanを以下の様に想定致しますのでご参考にして下さい。
1. 将来広報・宣伝職として優秀な人材のキャリアplan(会社サイドとして)
(1) 広報・宣伝を担当する人財は先ず“会社の根幹の商品知識の会得が大事であ
     る。従って全体が理解出来、且つ顧客理解を深めさせたい。
(2) 主要顧客のニーズ・課題等を肌感覚で理解する事を学ぶ必要があります。
(3) 会社の組織の中の、営業職は“生産・流通・顧客対応・クレーム処理”等全     てに関与する部門で有るので将来広報・宣伝を担当される人材はこの様な     プロセスを早い内に経験される事が重要と考えます。
2. 営業職を経験した広報・宣伝職とそうでない方との違い
(1) 新製品発表等の対応
     顧客へ新製品説明に行う際、よく顧客から“この製品の中身・製造工程”等     予想もしない質問が多々寄せられます。もし過去に営業経験が有れば工場     にも足しげく通っていると思いますので、概要は即答できますが、その様     な経験が無い場合は「社に戻って確認して」となり顧客にフラストレー      ションを与える結果となります。
(2) 記者会見等の対応
     不幸して不具合や会社での不祥事は有り、記者会見に同席する際営業経験     者はこれまで、厳しい顧客体験が有るので“辛抱強い”対応が出来る。この     様なケースは大変冷静沈着が求められる、広報・宣伝担当としては必要不     可欠な能力の一つです。この様な経験無く、直接広報・宣伝に配属された     場合はかなりパニックに陥る可能性があります。

3. 最終アドバイス
会社としては、貴殿を将来“広報・宣伝のプロ”として育てたい方針で敢えて今、営業職を経験して頂いて“会社の実力・工場事情・顧客情報”を経験してもらおうと思っておられると思います。昔の諺に“急がば回れ”と有ります。先ずはしっかり営業で沢山経験を積んで、念願の広報・宣伝のキャリアを目指して下さい。間違いなく会社上層部は貴殿に期待していると思いますので迷わず頑張ってください。応援しています。
以上が少しでもアドバイスとして参考に成れば幸いです。
佐藤 豪


この質問の回答者
キャリアアドバイザー 佐藤 豪 外資系 執行役員人事総務総括・国家資格キャリアコンサルタント

東京都 武蔵野市吉祥寺 

長年、人事総務を担当しております。日本企業米系企業を経験して10年の米国勤務経験も有ります。10年程前にキャリアコンサルタントの資格を取り皆さんにキャリア相談も行っております。グローバル人事・キャリア相談ならなんでもご相談受付ます。

関連する質問

あなたの魅力・能力をより引き出してくれるキャリアアドバイザーを選んで、一緒に就職・転職活動をしませんか?

キャリア支援について

キャリア支援は、キャリア相談からあなたに合った求人のご提案、書類添削や面接対策など、
内定獲得までをサポートする職業紹介事業者(人材エージェント)による職業支援です。
ジョブクエリでは直接キャリアアドバイザーとマッチングすることで、
相性が合わない・業種領域が合わないなどのミスマッチを抑え、質の良いキャリア支援を受けることができます。
求職者の方は全て無料でご利用いただけます。
キャリアアドバイザーを探す

キャリア支援の流れ

1
キャリアアドバイザーとオンラインまたは電話でご面談いただきます。相談ごとがございましたらお伝えください。
2
面談内容をもとに、最適な求人を非公開求人などの中からご提案いたします。必要に応じて履歴書、職務経歴書の添削、面接対策、面接日の調整などを行います。
3
内定が出た後は、入社に向けての調整サポートをいたします。入社後不安があれば、引き続きご相談ください。

よくあるご質問

企業様から紹介手数料を頂くことで成り立っておりますので、ご利用者様からは一切料金を頂いておりません。
はい。在職中でもご利用いただけます。ご面談のお時間などご都合の良い日時をご指定いただけたらと思います。 ただし、どうしても担当キャリアアドバイザーと日程が合わない場合は、他のキャリアアドバイザーが担当する場合もございますので、ご了承くださいませ。
問題ございません。今すぐに転職をされない場合であっても、ご利用いただけますので、今後のためにもご相談下さい。
キャリア支援を受けても、ご利用者様のご意向に沿わない場合もございますので、無理に転職をする必要はございません。
必ず応募していただく必要はございません。ご検討いただいた上で、ご意向に沿わない場合は、他の求人の紹介を希望していただけます。
転職者様以外でも、新卒、第二新卒者様に対しても、キャリア支援を行っておりますので、ご利用下さいませ。
全国の求人を取り扱っておりますので、居住地、希望勤務地に合わせてご提案させていただきます。
企業様の事情で一般に公開していない求人のことです。多業種・多職種の非公開求人がございますので可能性を広げられます。非公開求人は、キャリア支援にお申し込みいただいた方にのみのご紹介となります。

さあ、始めよう!

心強い伴走者と共に就職・転職活動をして、成功率を上げよう。

キャリアアドバイザーを探す
キャリアアドバイザーによる
就職・転職支援はこちら