質問
2020/08/01 13:57 作成

この度、会社の経営悪化による退職(会社都合)で離職いたしましたが、こちらの本業以外にも副業をしていて月10~15万円ほどの副収入が継続してあります。
本業では雇用保険をかけていたので、失業保険を受給したいのですが、副収入があることで何か問題はあると思われますか?副業にかける時間は週15〜20時間程度です。
よろしくお願いします。

匿名
閲覧数:14
回答 1 件
2020/08/01 21:28 作成
相談可 アーク・キャリアコンサルタント 社会保険労務士・キャリコンサルタント・日商簿記2級
相談可 アーク・キャリアコンサルタント

社会保険労務士・キャリコンサルタント・日商簿記2級

主に管理部門で勤務しておりました。
労務系の案件が得意です。よろしくお願いいたします。

失業給付の受給に関してですが、会社都合での離職とのことなので特定受給資格者に該当し、失業給付の給付制限(3ヶ月)を待つことなく受給できますが、現在副業でのお仕事が10万~15万円あるとのことなので、その金額や就労時間数についてはハローワークへ申告が必要です。申告をせずに受給すると不正受給となりますので、必ず申告するようにしてください。
ご相談者様の場合、就労時間数については1日4時間以内での申告であれば、問題ないと思いますが、収入に関しては、基本手当日額と収入(控除後)の金額によっては減額もしくは支給停止となる可能性があります。

アルバイトの受給制限に関する内容については一般的に以下の基準で判断されていますが、各自治体のハローワークの裁量で判断できる部分もあるようなので事前にご確認ください。

①週20時間以内の就労であること(雇用保険の適用となれば就職と見なされるため)
②1日4時間以内の就労(4時間を超えた場合は、就労したとみなされ、所定給付日数が終了する日の後ろに繰り越されます。よって、給付期間内であれば、所定給付日数そのものは減りません。)
③収入から控除額を控除した額と基本手当の日額との合計額が賃金日額の80%相当額を超える場合、基本手当は減額もしくは支給停止


専門的なご解答助かります。ありがとうございました。

匿名
2020/08/02 23:15 作成

この質問の回答者
相談可 アーク・キャリアコンサルタント
回答数 76
社会保険労務士・キャリコンサルタント・日商簿記2級
相談可 アーク・キャリアコンサルタント

社会保険労務士・キャリコンサルタント・日商簿記2級

主に管理部門で勤務しておりました。
労務系の案件が得意です。よろしくお願いいたします。

東京都 豊島区南池袋 

主に管理部門で勤務しておりました。 労務系の案件が得意です。よろしくお願いいたします。

関連する質問
関連する質問
新着求人