質問
2020/07/31 18:14 作成

持続化給付金の架空申請をして不正に給付金をもらっている人が多いと聞きましたが、そんなにも抜け道の多い制度なんですか?またすでに給付が完了してしまった後でも、不正が発覚して返還する可能性はどのくらいあるでしょうか?あとどんな処罰が下るのか教えていただきたいです。お願いいたします。

匿名
閲覧数:17
回答 1 件
2020/08/01 05:29 作成
相談可 継続 社会保険労務士
相談可 継続

社会保険労務士

社会保険労務士の継続と申します
労働及び年金等のセミナー講師、
相談等幅広くお受け致します

得意分野は労...

架空請求については、以下の不正な手段が行われているようです。
・二重申請
複数回申請するなど
・売上操作
売上を恣意的に捜査して売り上げ減を作り出す
・対象外であるにも関わらず申請
サラリーマンであるにも関わらず申請するなど

確認書類の少なさ等、迅速な給付を第一に考えていることから、結果的に不正に利用されている可能性も否定できません。

尚、確認書類は以下のとおりです。
確定申告書類、売り上げ減がわかるもの(売上台帳など)、通帳の写し

現在、経済産業省が不正受給の調査を行っています。不正が発覚した場合は、不正受給額+αの返還、悪質な場合は詐欺罪として刑事告訴の可能性もあります。


この質問の回答者
相談可 継続
回答数 49
社会保険労務士
相談可 継続

社会保険労務士

社会保険労務士の継続と申します
労働及び年金等のセミナー講師、
相談等幅広くお受け致します

得意分野は労使Win-Winの労務管理です

1人でも多くの方のお役に立て...

東京都    https://twitter.com/kz2019sr

社会保険労務士の継続と申します 労働及び年金等のセミナー講師、 相談等幅広くお受け致します 得意分野は労使Win-Winの労務管理です 1人でも多くの方のお役に立てればと思います 宜しくお願い致します

関連する質問
関連する質問
新着求人