質問
2020/07/19 23:50 作成

就活中、ベンチャー企業の人たちが「圧倒的成長」ができる環境だ、とよく言っているのですが、何をもって成長というのでしょうか?
話を聞いていて、営業活動をたくさんやっているんだなとは感じますが、別にスキルや能力があるようには思えません。
体育会系な環境ではなくとも、成長できる環境はいくらでもあると思うのですが、世間では体育会系な経験が成長とみなされるのでしょうか?
社会人の皆さんのご意見を聞かせてください。

匿名
閲覧数:34
回答 2 件
2020/07/20 11:26 作成
岡部 吉成 【BPRアドバイザー】【テレワークアドバイザー】企業の自動化・効率化・体質変化をお手伝いしています。
岡部 吉成

【BPRアドバイザー】【テレワークアドバイザー】企業の自動化・効率化・体質変化をお手伝いしています。

BPRの専門家として活動しています。
BPRとは「業務の再設計」です。
業務改善ではなく、”業務革命”となりま...

こんにちは。
質問者さんの言う通りですよ。
がむしゃらに無茶苦茶やるから成長ではなく、どれだけのことが経験できるかです。

ベンチャーが成長につながる、というのは以下が要因です。
・一般的にベンチャー勤務の人は任される仕事の種類が多い
・ベンチャーは会社のポジションや規模が変動するから環境変化が激しい
・ベンチャーはすぐに商品やサービスに変化を行うため変化が激しい

大手や成熟産業はやることが決まっていて、先輩から教えられる通りにやっていれば
ある程度は業務をこなせます。
そうすると自分で考える範囲が狭くなり、成長は緩やかになりやすいです。

私も一時期ベンチャーにいましたが、ベンチャーに行けば「ブラック」とか意識したら
一瞬で終了します。
今が会社にとって重要だからとがむしゃらにやるのがベンチャーです。
それは安定や安楽を求める人より、達成感や何かのためという社会的責任意識が高い人が
多く集まるからでしょう。

たぶん会った方が体育会系に見えたと思いますが、ベンチャーは目的や結果を意識していて、
それに向かって最大の努力しているから激しく見えるのではないかと思います。
中にははき違えて、限界を試したい、忙しいポーズ、などもありますが。。。

質問者さんが何かを成し遂げたいとか、一山当てよう、というほどギラギラしていないなら
そこまで激しいベンチャーはしんどいと思いますよ。


ありがとうございます。
ベンチャーはいろいろと激しそうですね。
本当に「達成感や何かのためという社会的責任意識が高い人が多く集まる」ところなら、少し興味が湧きますが、ブラックと紙一重なら体力的に長続きできないかもしれないですね。

匿名
2020/07/21 18:46 作成
2020/07/20 19:01 作成
人材コンサルタント 洋一 社会保険労務士資格合格・第一種衛生管理者・宅地建物取引士資格合格・調理師等取得
人材コンサルタント 洋一

社会保険労務士資格合格・第一種衛生管理者・宅地建物取引士資格合格・調理師等取得

人材・人事・労働のコンサルタントをしています。
働く人の相談にのるボランティアもやっています。
少しでも、皆様...

人材コンサルタントをしています。
また働く人の相談にのるボランティアをしています。

社会人にとって成長とは、昔は一つの会社で定年まで働くための社内での人脈や、上司との上手い付き合い方を学ぶこと、そして出世することが社会人として成長するということでした。
一部の理系の技術職を除いてですが。
しかし、いまの社会人にとっての成長とは、会社を辞めたとしても生きていけるスキルや自分でビジネスを始められるだけの実力をつけることです。
その点でみると、ベンチャー企業は今現在の価値観における社会人の成長が望めるのです。
ただしベンチャー企業でない普通の会社でも、もちろん成長できる人は、沢山います。
質問者さまがベンチャー企業の社風に馴染めることが成長の前提です。
例えば、ベンチャー企業は大きな権限をすぐに与えてもらえるので、会社の業績に直結する仕事を担当できます。
失敗しても先輩がなんとかしてくれると思ってやる仕事とは真剣さが違うと思いませんか?
「少しも気を抜くことができない」ということだけで間違いなく成長します。
大企業だと、上司やそのまた上の上司が確認するので、ミスしても、大抵は怒られて評価が下がるだけです。
また、ベンチャー企業だと基本的にはゆっくり色々仕事を教えてもらえません。
そのためベンチャー企業に入ると、自ら進んで勉強するという習慣が身に付きます。
学校と違い社会人になると、自主的に勉強できるような社会人になれれば、かなり成長できるのです。
なぜなら他の社会人がそんなに勉強しないからです。
日本は、社会人が世界で一番勉強しない国の一つであるというデータもあります。
勉強し続けた質問者さまは、数年後、普通の会社に就職した元同級生とは圧倒的に差がついてるでしょう。
ベンチャー企業が成長させてくれるのではなく、質問者さま自身が、社会人として成長していける考えて方を学べるのです。例えば、ストイックであるべきだという考え方などを学べます。
さらにベンチャー企業であれば、入社してある程度すれば社内での会議などで社長と話したり、提案する機会がでてきます。
大きな会社であれば、入社して10年以上たっても「頑張れよ」など話しかけられることはあっても、社長に提案する機会など、まず巡ってきません。
社長と話すことで、経営感覚が身に付きます。
自分でビジネスをやるときや会社を起業するときに、かなり役に立つスキルです。
このような成長が期待できるのです。
あと一つ付け加えたいのですが、営業ができるというスキルは、かなり武器になるスキルです。
営業ができるということは、起業で成功しやすいですし、会社員をしてても将来年収1000万円以上可能になるような社会人にとってすばらしいスキルです。
例えば歩合制で不動産営業をやって稼ぐ方は、不動産の知識が豊富だから稼げているのではないのです。
営業力が他の人より優れているからなのです。
起業した人でうまくいかない方は、だいたいが法人営業などが下手です。
ベンチャー企業では社会人にとって一番重要なスキルの一つである営業力を身に付けらるということだけでも、かなり成長できる環境だと思います。
一つ注意点といたしましては、やりがい搾取みたいなことがあり、やりがいがあって成長できるから、文句言わずに頑張るのが当たり前みたいな社風の会社が、比較的多いということです。
ご参考になれば幸いです。
就職活動頑張ってください。応援しています


ありがとうございます。
おっしゃられるように、ベンチャーは厳しいからこそかなり成長できるのですね。
いずれ起業をしようと思うのであれば、絶好の学びの場ですね。

匿名
2020/07/21 18:50 作成

この質問の回答者
岡部 吉成
回答数 17
【BPRアドバイザー】【テレワークアドバイザー】企業の自動化・効率化・体質変化をお手伝いしています。
岡部 吉成

【BPRアドバイザー】【テレワークアドバイザー】企業の自動化・効率化・体質変化をお手伝いしています。

BPRの専門家として活動しています。
BPRとは「業務の再設計」です。
業務改善ではなく、”業務革命”となります。
また、現在はテレワークの専門家として行政や公的機関にて指導...

埼玉県    https://bpr-s.jp/  https://www.facebook.com/BPRservice.LLC/

BPRの専門家として活動しています。 BPRとは「業務の再設計」です。 業務改善ではなく、”業務革命”となります。 また、現在はテレワークの専門家として行政や公的機関にて指導員としても活動中です。 テレワークに関してご質問いただければご回答いたします。

人材コンサルタント 洋一
回答数 88
社会保険労務士資格合格・第一種衛生管理者・宅地建物取引士資格合格・調理師等取得
人材コンサルタント 洋一

社会保険労務士資格合格・第一種衛生管理者・宅地建物取引士資格合格・調理師等取得

人材・人事・労働のコンサルタントをしています。
働く人の相談にのるボランティアもやっています。
少しでも、皆様のお役に立てるよう日々勉強しています。
よろしくお願いします。

人材・人事・労働のコンサルタントをしています。 働く人の相談にのるボランティアもやっています。 少しでも、皆様のお役に立てるよう日々勉強しています。 よろしくお願いします。

関連する質問
関連する質問