質問
2020/07/15 12:54 作成

管理職をしているのですが、在宅勤務の労務管理についてどうしたら良いかアドバイスをいただきたいです。
現在、会社支給のPCで在宅勤務をしてもらっていて、パソコンのログをみて労務管理を行っているのですが、明らかに業務外と思われるネットの閲覧記録などもあり、その時間を控除するなども議論になっています。
自立した社員ばかりではなく、ある程度は仕方のないと目をつぶっていますが、メンバーにも納得の得られる形で管理をしたいと思っています。
オススメの管理ツールなどがありましたら、ご教示いただきたくお願いいたします。

匿名
閲覧数:13
回答 2 件
2020/07/15 14:07 作成
相談可 岡部 吉成 【BPRアドバイザー】【テレワークアドバイザー】企業の自動化・効率化・体質変化をお手伝いしています。
相談可 岡部 吉成

【BPRアドバイザー】【テレワークアドバイザー】企業の自動化・効率化・体質変化をお手伝いしています。

BPRの専門家として活動しています。
BPRとは「業務の再設計」です。
業務改善ではなく、”業務革命”となりま...

埼玉県公的支援制度でテレワークアドバイザーをしている岡部と申します。
ご質問のような困りごとは大変良くお聞きします。

通常は、これを機に時間による拘束型労務から成果型に切り替えましょう、とご提案しています。
当然成果を出せない社員にとっては過酷になりますが、優秀な社員にとってはとても居心地がよく、
正当に評価されていると感じられるでしょう。

それでもと仰る方には、F-Chair+やセキュリティ検知ツールのテレワークサポーターをご提案しています。
F-Chair+もテレワークサポーターも自動で画面がキャプチャ記録されます。
画面が記録されることを伝えれば社員は業務に関係のない画面を表示すること自体ためらいます。

他にも業務管理ツールの業務時間記録機能を使えば何の業務にどれだけ時間を使ったか
などがわかるため、やっている本人も説明のつかない業務時間になるのは避けるため
ご相談にあるようなあからさまなさぼりは無くなるかと思います。

文中にあるように、御社は取り締まりのためにツールを入れたいというより、
さぼりなどが明るみになって不平不満が増えないようにしたいというお気持ちが強いと
感じられましたので、このような提案をさせていただきました。

もしも追加でご質問やご相談がありましたら直接ご連絡いただいてもかまいません。
プロフィールに当社URLとFBページを載せております。


具体的な管理ツール、取り組みをご提案いただき、ありがとうございました。
思った以上に細かな管理ができるようで、驚きですが、
どこまで縛りをきつくするべきなのか、慎重に検討が必要そうです。
おっしゃられるように成果型に切り替えるべきかもしれませんが、
また労働契約の見直しにも繋がるかと思いますので、こちらも慎重さが必要かと思っております。
いずれにしろ、時代に合わせて制度の見直し等、必要に迫られていると認識しておりますので、
ご相談等させていただけますと幸いです。

匿名
2020/07/15 16:32 作成

参考になれば幸いです。
労働契約の見直し等もあってすぐには評価方法や制度は変えられないと思いますので、まずはさぼり対策でしたらご提案したようなサービスを使われるのも一案かなと思います。
ただ、監視・管理サービスは社員を疑心暗鬼にさせるものですので、使うためには手順を踏まなくてはならないことが多々ありますので、コメントされている通り、慎重になさってください。

相談可 岡部 吉成
相談可 岡部 吉成

【BPRアドバイザー】【テレワークアドバイザー】企業の自動化・効率化・体質変化をお手伝いしています。

BPRの専門家として活動しています。
BPRとは「業務の再設計」です。
業務改善ではなく、”業務革命”となりま...

【BPRアドバイザー】【テレワークアドバイザー】企業の自動化・効率化・体質変化をお手伝いしています。
2020/07/15 18:34 作成
2020/07/15 14:07 作成
相談可 佐藤 豪 外資系 執行役員人事総務総括・国家資格キャリアコンサルタント
相談可 佐藤 豪

外資系 執行役員人事総務総括・国家資格キャリアコンサルタント

長年、人事総務を担当しております。日本企業米系企業を経験して10年の米国勤務経験も有ります。10年程前にキャリアコ...

ご回答させて頂きます。私は現在外資系企業で人事を総括しており弊社も在宅勤務を推奨しております。
1.通常勤務と在宅勤務の差異と考え方
通常勤務は釈迦に説法ですが、御社で管理されている”出退勤管理システム(アマノさんや、日立さんのシステム)”でIN・OUTを管理されていると思いますが、在宅勤務でも同等レベルか実質的に管理職と部下との間で認識&意思疎通が出来ていて、基本的に毎日コミュニケーションが実施されていれば問題は無いと思います。
2.業務(MBO・実績管理)管理
業務実績管理は通常の勤務体制と同等の指標で管理されて頂ければ結構です。恐らく、御社の場合も在宅組と通常勤務、不定期在宅組と色々なケースが有ると思いますが”評価シート・尺度”は変更されない方が宜しいと存じます。これは、勤務形態の違いによる不公平感を煽る恐れが有りますので会社として何処で勤務しようが”成果は実績ベースで実行し評価目標・指標に変更はしない”と定められた方が最終的に混乱は少ないと思います。
3.上司・部下との関係&コミュニケーション
実はこの項目が人事管理の中で最も今問題となっております。
(1)在宅勤務者にメンタル的なプレッシャーをかけない。
基本的には会社は在宅勤務者を善意の従業員と判断し、必要以上に管理監督を避け極力会社からは”大変苦労をかける!ご苦労だな!信用している!”言うメッセージを頻繁に発信することをお勧め致します。
(2)Tele会議出席や会社方針
通常勤務時以上に頻繁に情報共有を実施する。
4.家族サポート及び自由時間の確保
ある商社等は会社から敢えて、”一定の家庭サービスを容認する”を規定に入れて家庭内環境整備にも配慮されております。
5.Telework管理システム(参考までに)
もし、御社で上記システムをご健闘されるなら以下の会社のHPを参考にされると良いと存じます。
*楽楽労働*ジョブカン*SmartHR

最後に、弊社も在宅勤務をこの3月から積極的に導入致しましたが貴殿の言われる問題で社内でかなり議論致しましたが結局以下の体制で実行しております。(参考までに)
*勤怠管理  原則定時で休憩45分・INとOUTをOutlookで申請
*業務管理(MBO等)変更なし
*週1回かならず、部内会議をZoomで実施
*特別補助は無し
*外出の場合は事前に上司へ相談&承認
以上が少しでも参考になれば幸いです。

佐藤 豪


御社やその他企業様の例を上げていただき、大変わかりやすく拝見させていただくことができました。
在宅勤務者へのメンタル面での配慮や、家庭内環境整備への配慮等、とても多く学ぶことができました。
感謝申し上げます。

匿名
2020/07/15 16:47 作成

この質問の回答者
相談可 岡部 吉成
回答数 8
【BPRアドバイザー】【テレワークアドバイザー】企業の自動化・効率化・体質変化をお手伝いしています。
相談可 岡部 吉成

【BPRアドバイザー】【テレワークアドバイザー】企業の自動化・効率化・体質変化をお手伝いしています。

BPRの専門家として活動しています。
BPRとは「業務の再設計」です。
業務改善ではなく、”業務革命”となります。
また、現在はテレワークの専門家として行政や公的機関にて指導...

埼玉県    https://bpr-s.jp/  https://www.facebook.com/BPRservice.LLC/

BPRの専門家として活動しています。 BPRとは「業務の再設計」です。 業務改善ではなく、”業務革命”となります。 また、現在はテレワークの専門家として行政や公的機関にて指導員としても活動中です。 テレワークに関してご質問いただければご回答いたします。

相談可 佐藤 豪
回答数 68
外資系 執行役員人事総務総括・国家資格キャリアコンサルタント
相談可 佐藤 豪

外資系 執行役員人事総務総括・国家資格キャリアコンサルタント

長年、人事総務を担当しております。日本企業米系企業を経験して10年の米国勤務経験も有ります。10年程前にキャリアコンサルタントの資格を取り皆さんにキャリア相談も行っております。グロ...

東京都 武蔵野市吉祥寺 

長年、人事総務を担当しております。日本企業米系企業を経験して10年の米国勤務経験も有ります。10年程前にキャリアコンサルタントの資格を取り皆さんにキャリア相談も行っております。グローバル人事・キャリア相談ならなんでもご相談受付ます。

関連する質問
関連する質問
新着求人