質問
2020/07/08 10:59 作成

自営業で国民年金の支払いを止めてしまっているのですが、罰則など問題になるでしょうか?
少し余裕が出てきたら払おうとは思っているのですが、今は厳しい状況です。

匿名
閲覧数:9
回答 1 件
2020/07/09 05:17 作成
相談可 継続 社会保険労務士
相談可 継続

社会保険労務士

社会保険労務士の継続と申します
労働及び年金等のセミナー講師、
相談等幅広くお受け致します

得意分野は労...

国民年金法についての罰則は国民年金法111条等に明記されていますが、実際に罰則が適用されるのは、不正受給や虚偽の届出をしたようなケースです。例えば、金銭的に厳しい状況であるがゆえに保険料を納付できないようなケースは罰則の適用とはなりません。

しかし、保険料未納は将来の老後の年金において、未納期間分が年金額に反映されないだけでなく、その額が生涯続くこととなりますので、余裕が出た際には保険料納付をすることで自身の老後においてプラスになるということです。

また、保険料納付が金銭的に厳しい場合は、保険料納付の免除や納付猶予制度があります。それらを利用することで「滞納」とはならず、免除や納付猶予期間と扱われ、追納することができます。追納すると、当然、保険料を納付した期間として扱われますので、年金額で不利益が発生することにはなりません。まずは、免除や納付猶予制度の検討をされてみるのが良いと考えます。


納付の免除や猶予制度など、役に立つ情報ありがとうございました!調べて検討をしてみます!

匿名
2020/07/09 19:42 作成

この質問の回答者
相談可 継続
回答数 45
社会保険労務士
相談可 継続

社会保険労務士

社会保険労務士の継続と申します
労働及び年金等のセミナー講師、
相談等幅広くお受け致します

得意分野は労使Win-Winの労務管理です

1人でも多くの方のお役に立て...

東京都    https://twitter.com/kz2019sr

社会保険労務士の継続と申します 労働及び年金等のセミナー講師、 相談等幅広くお受け致します 得意分野は労使Win-Winの労務管理です 1人でも多くの方のお役に立てればと思います 宜しくお願い致します

関連する質問
関連する質問
新着求人