質問
2020/07/08 08:23 作成

コロナをきっかけに希望退職の募集が出ました。このまま勤めても待遇は悪くなるので、希望退職に応じようと思います。会社都合で失業手当もすぐにもらえるようなのですが、退職に際して確認しておくことや気をつけることはありますか?ちなみに40代前半で、今の会社には10年ほど勤めています。

匿名
閲覧数:17
回答 1 件
2020/07/08 09:15 作成
相談可 佐藤 豪 外資系 執行役員人事総務総括・国家資格キャリアコンサルタント
相談可 佐藤 豪

外資系 執行役員人事総務総括・国家資格キャリアコンサルタント

長年、人事総務を担当しております。日本企業米系企業を経験して10年の米国勤務経験も有ります。10年程前にキャリアコ...

おはようございます。現在、外資系で人事総務で責任者を担当しております。以下ご回答させて頂きますのでご参考にしてください。
貴殿の状況大変よく理解出来ますし、今回のご相談は今後沢山の社員の方々が判断する事になる事になると思います。
先ず、最終決断を決定する前に以下の点をご確認頂ければと思います。
1.会社が希望退職を提案する際の経営状況の確認
*過去2~3年の売上・利益の状況(将来性の確認)
*過去、希望退職を行っていた場合の特別退職金の額&月数(過去との整合性)
2.希望退職を選択する際の確認事項&希望事項
(1)出来れば、最低でも同業他社の特別退職金と同等の金額を要望(netで検索してください)
(2)再就職支援会社のサポートの獲得。リクルートやパソナ等再就職支援会社が退職した従業員のセカンドキャリアサポートを受け入れいますので、会社に是非このサービスを付与する様に交渉してください。
(3)事前に再就職の可能性が有るかの確認
希望退職の締め切りまでに、ハローワークやNETで貴殿のキャリアーでどのくらい募集機会が有るのか?また実際に応募してみて反応を確認してください。
(4)コロナ化・今後の雇用状況
中高年の再雇用は少子高齢化で就労人口は減少しているにも関わらず実際は大変厳しいのが現状です。確かに求人倍率は1を超えていますが、希望通りの職に就職出来る方は僅かなのが現実です。
3.小生からのアドバイス
先ずは、”会社の将来性の確認・特別退職金の確認・再就職の可能性の事前調査”をしっかり行って、判断してください。応募期限が有ればぎりぎりまで調査・確認を是非行って頂き、安易に会社側の説得に等に応じる必要はありません。人生100年時代で年金支給が70才になる可能性が有りますので、中高年の転職は慎重に行って頂ければと思います。
*ハローワークや大手人材サービス会社でも無料相談等有りますので、情報収集等されると良い情報が得られると思います。
以上の情報が少しでも参考になれば幸いです。

佐藤


素晴らしいアドバイスをありがとうございました。感謝いたします。

匿名
2020/07/09 00:35 作成

この質問の回答者
相談可 佐藤 豪
回答数 68
外資系 執行役員人事総務総括・国家資格キャリアコンサルタント
相談可 佐藤 豪

外資系 執行役員人事総務総括・国家資格キャリアコンサルタント

長年、人事総務を担当しております。日本企業米系企業を経験して10年の米国勤務経験も有ります。10年程前にキャリアコンサルタントの資格を取り皆さんにキャリア相談も行っております。グロ...

東京都 武蔵野市吉祥寺 

長年、人事総務を担当しております。日本企業米系企業を経験して10年の米国勤務経験も有ります。10年程前にキャリアコンサルタントの資格を取り皆さんにキャリア相談も行っております。グローバル人事・キャリア相談ならなんでもご相談受付ます。

関連する質問
関連する質問
新着求人