質問
2020/07/07 10:52 作成

ワーキングホリデーに行きたいと考えていますが、日本に戻ってきた後の就活に不利と聞いて悩んでいます。
遊んでいるというイメージが強いみたいですが、職歴として記載することはできないのでしょうか?

匿名
閲覧数:11
回答 1 件
2020/07/07 13:59 作成
相談可 佐藤 豪 外資系 執行役員人事総務総括・国家資格キャリアコンサルタント
相談可 佐藤 豪

外資系 執行役員人事総務総括・国家資格キャリアコンサルタント

長年、人事総務を担当しております。日本企業米系企業を経験して10年の米国勤務経験も有ります。10年程前にキャリアコ...

ご回答させて頂きます。
貴殿もご存じの通り「ワーキング・ホリデー (英語: Working Holiday)とは、2国間の協定に基づいて、青年(18歳~25歳、26歳、29歳または30歳)が異なった文化(相手国)の中で休暇を楽しみながら、その間の滞在資金を補うために一定の就労をすることを認める査証及び出入国管理上の特別な制度です」。
現在、私は外資系企業で人事総務責任者を担っておりますが、日系企業も外資系企業も世界で通用する人財(逞しく、知性溢れる人)を常時探しております。通常の留学(私も米国NYに留学経験有り)でも、貴殿の様にワーキングホリデーを利用してでも”異文化人との接し方・交渉術・生き残り方・良い意味での相手を利用する貪欲さ”を会得出来れば何処の企業でも合格の可能性大です。当然、折角海外に一定期間滞在する訳ですので現地語と英語は是非、お金を払ってでも勉強してください。尚、少し時間と余裕が有れば米国で有れば、各地にCommunity collegeが有りますので幾つかの授業を受講されると良い経験となると確信しています。貴殿の言われる「就活に不利と聞いて悩んでいます。遊んでいるというイメージが強い」は心配せず、必ず良い経験をすると言う意思が有れば上記の様な経験が出来れば十分就活時「入社動機・強味・職歴・学歴」に記載出来て価値ある履歴書になると思います。最後に外国で生活するには”健康第一、身元引受先の確かさ、しっかりした目標を持つ、余り頻繁に日本人とたむろしない!”をお気を付けて楽しんでください。佐藤


この質問の回答者
相談可 佐藤 豪
回答数 68
外資系 執行役員人事総務総括・国家資格キャリアコンサルタント
相談可 佐藤 豪

外資系 執行役員人事総務総括・国家資格キャリアコンサルタント

長年、人事総務を担当しております。日本企業米系企業を経験して10年の米国勤務経験も有ります。10年程前にキャリアコンサルタントの資格を取り皆さんにキャリア相談も行っております。グロ...

東京都 武蔵野市吉祥寺 

長年、人事総務を担当しております。日本企業米系企業を経験して10年の米国勤務経験も有ります。10年程前にキャリアコンサルタントの資格を取り皆さんにキャリア相談も行っております。グローバル人事・キャリア相談ならなんでもご相談受付ます。

関連する質問
関連する質問
新着求人