質問
2020/07/02 19:03 作成

経理初心者の者です!算定基礎届について教えていただけないでしょうか?

うちの会社の給料は、25日締めの翌月1日支払いとなっていて、月をまたぐのですが、
この場合、算定基礎届に記入するのは締め日のある月の給料なのか支払日のある月の給料なのか、どちらになりますか?

詳しい方、よろしくお願いします!

匿名
閲覧数:26
回答 1 件
2020/07/02 19:43 作成
相談可 LAO(HRコンサルタント) フリーランス人事・HRコンサルタント
相談可 LAO(HRコンサルタント)

フリーランス人事・HRコンサルタント

フリーランスで活動するHR(人事・人材)コンサルタントです。

鉄鋼メーカーにて生産管理、法人営業を経験した後...

下記回答いたします。経理知識があり、発生時期とキャッシュフローの違いがわかる人ほど迷いやすいですね。

算定基礎届は4、5、6月に「支払われた給与」を報酬月額として届出となっており、締日ではなくあくまで支払いベースで計算することになります。

詳しくは日本年金機構HPに記載があるので、こちらの「ガイドブック」「Q&A」をご確認ください。
https://www.nenkin.go.jp/service/kounen/hokenryo-kankei/hoshu/20141104-01.html

締日による計算の仕方や、特別な事例についてもQ&Aに例が載っています。
パターンがいくつかありますが、慣れればすぐなので頑張ってくださいね!


わかりました!ご親切な解答ありがとうございました!

匿名
2020/07/02 23:41 作成

この質問の回答者
相談可 LAO(HRコンサルタント)
回答数 22
フリーランス人事・HRコンサルタント
相談可 LAO(HRコンサルタント)

フリーランス人事・HRコンサルタント

フリーランスで活動するHR(人事・人材)コンサルタントです。

鉄鋼メーカーにて生産管理、法人営業を経験した後、人材メガベンチャー、中小オーナー企業、創業期ベンチャーなど複数の...

兵庫県    https://sites.google.com/mononofu.page/service/

フリーランスで活動するHR(人事・人材)コンサルタントです。 鉄鋼メーカーにて生産管理、法人営業を経験した後、人材メガベンチャー、中小オーナー企業、創業期ベンチャーなど複数の企業で営業および人事経験を経て独立。 フリーランスの人事コンサルタントとして、複数企業の人事サポートを行う他、人材サービス企業の営業、公的機関の研修講師なども担っています。 自身が複数回の転職し、大企業〜中小・ベンチャーまで経験したことを活かし、キャリア相談、就職・転職相談、退職時の手続き相談など、toB、toCともに幅広くサポートを行っております。 ご相談は基本無料で行っておりますので、お気軽にメールでご相談くださいませ。

メールで相談する
関連する質問
関連する質問