笠上一郎

ライタ

職業訓練で私も技術を習得しました。就職氷河期世代にとっては肩身の狭い時代となりました。お互い頑張って早く仕事の安定をはかりたいものです

道路地図を作っていましたが現在失業中です。お互い頑張りましょう

  埼玉県


回答 5 件
国家公務員は2年〜3年ごとに転居を伴う転勤があるとのことですが、何歳ごろで落ち着くのですか?

2020/05/23 09:55 作成

国家公務員と言っても色々あるので、自衛官という事でお答えします。(特別国家公務員です)一番下の士でお話しますと、まず三か月間教育期間があります。これは住んでいる地域に近いところと、陸・海・空の基地に分かれて各分隊で教育を受けた後、一応本人の希望を聞いて広報だったら広報。普通科だったら普通科などに分かれていきますが、自衛隊は各地域ごとに中部方面隊 · ‎東部方面隊 · ‎西部方面隊と別れています。広報だったらあまり動く事はないかもしれませんが、海上自衛隊などは命令書一つで南方を強くしないとならないとか、事情によってこの方面隊に移動することもあるので、いつ落ち着くというのは命令書次第なので解りません。他の国家公務員もそうかもしれませんが、動かしやすい職務とそうじゃないやつはあるはずです


警察官、自衛隊、消防士の中で一番殉職する確率の高いのはどれだと思われますか?合わせて具体的な状況も知りたいです。教えて下さい。m(_ _)m

2020/05/01 13:42 作成

私は自衛隊だと思っています。よく戦時でないので死人が出ないように思いますが、訓練中に殉職する事が多く毎年こうした慰霊と弔銃が行われています。ちなみに自衛隊にはこうした事に伴って、特別な保険が用意されています。警察官や消防士にも恐らくあると思います。大概こうした保険会社は元自衛官の天下りがやっている事が多いのです。入隊前に5口で1000円だったと思います。保険屋らしい営業マンがやってきますが、この人は元自衛官でした。 話しを戻しますが具体的に自衛官が訓練中に亡くなるケースは、上官の支持に従わないような人もいるのです。あまり言いたくないのですが、教育期間中に自殺する人もいるのです。防衛大でも結構あります。自分の責任だけでなく連帯責任になるので次第に追い込まれていくのです。


NPOを立ち上げたことのある方、どういう風に立ち上げたのか、何に気をつけたらいいか教えて頂けたら嬉しいです。

2020/04/17 15:09 作成

これはあくまで取材の中した話です。NPOというのは基本的に一人では立ち上げる事ができません。私の知っているところでは身体障害者の雇用を作る為に、障害者の母親同士が連携してNPOを立ち上げたというケースです。つまり家族が共同となってNPOを立ち上げたという事です。基本非営利という事ですので、私の取材ではパン屋さんを立ち上げていましたが、こうしたなんらかの雇用を促進するうえで弱者を救済するなどのしっかりとした事業計画を明確にする必要があります。それと申請してから半年くらいかかると聞いたことがあるので、結構時間がかかるようです。また一応法人ですので、経理的な事も自身で行わなければなりません。ある程度こうした色々な人材をまず確保することから始まるようです。かえって身体障害を持っている家族はそうしたネットワークがあるからできるのだとは思います。


コロナ問題に触発されて、ベーシックインカムの話が浮上していますが、もし導入されたら、最低限必要な現金支給で喜ばしいと思うのですが、逆にベーシックインカムが導入されたときのデメリットは何があるんでしょうか?経済に詳しい方教えてください。

2020/04/08 12:54 作成

問題は財源をどうするか?という事でしょうね。この話は結局のところどの範囲まで補償しているくのか?という事になります。富裕曹から低所得者までという事になると一体どれだけの財源が必要なのか解りません。そもそも年金制度を見てもらえれば解りますが、正直制度としては破綻していると思います。支払う人間の数と貰う数の人間が釣り合いが取れないので支給額が減ります。国民全体にこれら補償をするという事はこれを支払う人間と、貰う人間がある程度釣り合ってないと国として破綻していくはずです。 お金というのは金の預かり書が変化したものですが、アダムスミスの国富論で言うよに、”紙幣は金や銀ではないがその本質は金や銀である”となっています。中国のアヘン戦争はお茶を買い続けたイギリスが、貿易赤字を埋める為にアヘンを中国に売りました。生産物を購入する為には貨幣が必要ですが、生産物そのものがないと貨幣も実は意味がありません。本来はGDPを着実にあげる事が大事なのですが、それをこの30年間日本は出来てないところに大きな問題点があるんです


今、失業した時に、新しく会社を探すより一度勉強しようと考えています。ただあまりお金がないので、職業訓練校に行くことも選択肢に入れています。失業手当も通常よりも長く出るといううわさも聞いたのですが本当でしょうか?また内容は専門学校とかお金をこちらが払う学校より質は劣っていないのでしょうか?

2020/04/05 14:53 作成

職業訓練応募は気を付ける部分があります。まず併願ができません。募集人数が埋まってしまうと、そこからは抽選となります。公的機関のやつと民間が受けている職業訓練と二通りあります。前者は受験しなければならない場合があります。例えば、飯田駅近くにあるハローワークとなりにある職業訓練です。ここで私も受けましたが、倍率はなんと4倍。科目によって違いはありますが、倍率が極端に高いのが公的施設の職業訓練です。安易な気持ちで仮に受かったとしても、途中で辞める人が結構いるようですよ。 民間の場合ちょっとハードルが低くなります。面接試験だけという所も多く、勿論授業はしっかりしていますが若干甘めかもしれません。それでも授業はまじめにやらないと、これは経験からもうしますが、10万円の受講手当ほしさに授業中寝ている人もいたようです。さすがに退校になる可能性がでてきます。試験がありますので留意してほしいです。あと学校内で試験が受けられたりします。個人でやると会場を探さなければなりませんが、会場が教室というのがかなり有利ですね。ただ費用は別にかかります。教科書代しか書いてありませんが、実は試験受験費用もかかる場合があるのです。 また職業訓練ですと、仕事の斡旋が結構しやすいですね。ハローワークで直にくるのではなく、教室のつてやコネみたいなものがあるんです。これは結構有利だと思いますよ。ただそれを受けると退校しなければなりません。この判断が結構難しいです。参考になればと思います。