キャリアドバイザー

佐藤清志

合同会社JOB・ITマネジメント

  埼玉県

  https://www.jobitm.info

現在もキャリアエージェントとしての活動と共に、都内で企業システムの構築プロジェクトの支援を行っています。システム提供側、利用側、マネージャー、リーダー、技術者として、それぞれの立場での職務経歴があります。ITシステム/コンサルタント・エンジニア・プログラマ関連職種を希望される方々へ、採用側の考え方、一般的な転職希望者の考え方をお伝えできる立場にあると思います。
尚、登記上、所在地は埼玉県になっておりますが、通常は都内でシステム構築関連の仕事を並行で行っています。都内・埼玉県を中心とした全国の方のご支援が可能です。


回答 2 件
仕事を辞めたいと思っていて、働きながら転職活動を行っています。もし採用が決まったら、すぐに1ヶ月後に辞めるよう退職届を提出しようと思っていますが、以前に同僚が退職する時、なかなか辞めさせてもらえず、何ヶ月かかかっているのを目の当たりにしています。こういう時は病気とか家族の都合とか何か理由をつけて辞める方が得策でしょうか?
2021/01/13 07:06 作成

基本的には「転職」を理由にされた方が良いです。「病気」や「家族の都合」といった場合、会社によってはそれをカバーすべく親身に対応を考えてくれ、それを裏切る事になる事や、説明をしていく内につじつまが合わなくなって不信感を与え、円満な退職につながってしまう可能性もございます。同僚の方が辞めようとされた際、時間がかかった理由にもよりますが、まずは貴方様が会社の引き留めの話はしっかり聞いたとしても、退職の意思が揺るがない事を毅然と且つ丁寧な態度伝え続けるというのが基本姿勢として大事な事です。そして会社側の動きが悪い事への対応としては、お互いに次のアクションに関しては期限を設ける事。「考えてくれ」と言われたら、「xx日までにお答えします」と自ら期限を切る、上の方への上申が控えているのでしたら、「xx部長(本部長)へはいつお話をしていただけますか。私からもお礼・ご挨拶を申し上げますので」といったよにやんわりと動きがないと自分から話をすると伝えるとか、様々な対応が考えられます。 まずは正直に理由を伝える(転職先までは伝える必要はありません)。伝えた後は、毅然且つ丁寧な態度で、退職手続きが滞らないような行動をとる、という事を基本スタンスで臨まれる事をお勧めいたします。