相談可

近藤 信治

国家資格キャリアコンサルタント

できる事を強みに変えるモティベーターです。
国家資格キャリアコンサルタント。立命館大学を卒業後、百貨店(販売)→メーカー(営業)→情報誌の広告制作・企画・サイト運営(ぱど)→介護福祉(骨折で辞職)を得て、現在は IT分野の職業訓練・就労支援員をしています。できない事に目を向けず、できる事を強みに変える。それをモティベートするのが僕の役割です。今さら聞けないビジネススキルや就活に関する事などでお役に立てたら嬉しいです。お気軽にご相談下さい。
よろしくお願い致します。

  大阪府 大阪市

  https://twitter.com/s_kondo

メールで相談する

回答 7 件
40代の転職についてです。40代ならではの、できることや強みってどんなものがあげられますか? また40代の転職で失敗しないために、どんなことに気を付けて転職活動を行うべきですか? アドバイス等いただけましたら幸いです。

2020/06/28 19:50 作成

はじめまして。 40代の方は20代の方と比べ、大きなアドバンテージをお持ちだと思います。それが、「経験」というものです。どんなお仕事をされて来たかは存じませんが、どんな職種であれ、そこで得た経験は何事にも代えがたいものです。ですので、まずはご自身の今まで生きて来られた人生の「棚卸し」をされる事をお勧めします。 ただし、ここからが大事なのですが、「経験」は、現在のあなたの「能力」を推し量るものではありません。いま何ができるか、が重要です。こんな経験をして来ました…だけでは弱いです。経験の中から培って来たものを生かして、このような能力を発揮したいというものが必要です。 40代での転職は、過去の職歴を生かしたキャリアアップを図る事が一番の近道ですが、そのためにはまず「棚卸し」を行って頂いて、ご自身が仕事をする上で大切にされているものは何か、これから大切にしたいものは何かを考え、新たなキャリア形成のできる企業を選ばれることをお勧めします。 頑張って下さい。


接客業に向いてないみたいです。お客さんにイライラしてしまいます。 接客業に就いて4年目の者です。新人の頃は仕事を覚えたり、職場の人に気を遣うことで精一杯ということもあり、お客さんに対して何も思わなかったし、 むしろお客さんはワガママで当たり前という考えがありましたが、最近ではお客さんのちょっとした横柄な態度が気になって仕方ありません。 それも以前はうまく、笑顔を振舞っていましたが、最近ではイライラでストレスが溜まって、同僚から「顔に出てるよ!」って言われるようになりました。 仕事に就いた頃は接客業が好きだったのに、今は向いていないなって思うようになってしまい、毎日仕事が辛いです。 もうこんな風になってしまったら、他の仕事を探したほうが幸せになれるんでしょうか?それともストレスとうまく付き合っていくことを考えたほうがいいんでしょうか?なんだか自分が不器用で嫌になります。何かプラスになるようなご意見がありましたら、お願いいたします。

2020/06/28 09:28 作成

はじめまして。 私もかつて某百貨店で接客のお仕事をしておりました。いろんなお客様がいらっしゃいますよね。ストレスが溜まることも多いかと思います。ただ、あなたの「お客様はワガママで当たり前」というコメントが気になりました。なぜそのように思われたのでしょうか? 営業マンのように新規顧客獲得のために奔走しなくても、お客様の方からわざわざ足を運んでご来店頂けることは、本当に有難い事です。それをお迎えするのが接客業ですよね。そんなお客様にイライラしてしまう自分を、まず内観してみましょう。人間は固定観念を持っていると色眼鏡で物事を見てしまいがちです。 4年もお仕事をされていたら、お客様に接するだけではなく、商品の仕入れや陳列、在庫管理、シフト調整など、同時進行で業務を行うことも多いのではないでしょうか。職場の方とのコミュニケーションも不可欠です。お好きだった接客業が今は自分に向いていないと思われるのは、お客様の横柄な態度だけが原因でしょうか?その点も見つめ直されたらいいのかな、と思います。 どんな仕事でも人間関係は避けて通れません。上司も部下も同僚も、自分で選ぶことができません。もちろん、お客様もです。まずは、現在自分が置かれた場所で、幸せを探して下さい。それができれば、どこに行っても幸せを見つけることができると思います。頑張って下さい。


職務経歴書に書く自己PR文に自信がないため添削とアドバイスをお願いできないですか? 未経験からの製造業の生産管理の仕事です!飲食バイトの経験しかありません! 作文力がなくこれぐらいしか浮かびません! ↓自己PR文↓ 私が強みとしているのは、与えられた仕事を責任を持って最後までやり抜くというとこです。 負けず嫌いな性格であるので、良い成果を出せるまで諦めません。 前職の接客業で養った対人能力と協調性を活かして、他のスタッフと連携の取れた仕事に取り組むことができるので、 未経験ですが、今までの経験を活かし、御社に貢献できると思っております。

2020/06/27 19:52 作成

はじめまして。 自己PRを拝見しました。自己PRには正解・不正解はありませんので、採用する側がどう判断するかに寄るのですが、一つアドバイスさせて頂くとしたら、自己PR欄はあなたの「考え方」や「自己表現の仕方」を企業はみているという事です。 お察しするに、今回未経験の方からの応募も歓迎されている企業のようですので、即戦力は求めていないと考えます。つまり、前職での経験は問わないという事です。であれば、製造業の生産管理のお仕事をするにあたって、何が必要か、どんな能力が問われているかを考え、それにご自身の仕事に対する価値観を加えたら良いかと思います。 それが、あなたの言う「対人能力」や「協調性」だとしたら、まずそれをアピールしましょう。仕事はチームで動いているので、大変よい視点だと思います。あと「強み」は必要ですが、「弱み」があってこそですので、その点の自己理解も深めましょう。 自己PR欄は、あなた自身が自分の事をわかっていて、その事をわかった上で応募しているという点をアピールしましょう。 正解はありません。参考にして下さい。


面接の際に「なぜ他社ではなく弊社を選んだか」と理由を聞かれた場合で、いくら理由を考えても同業他社にはない、その会社だけの選んだ理由が浮かばないときは、どう答えたらいいでしょうか?

2020/06/20 18:57 作成

はじめまして。 文面だけでしか判断できませんが、応募されているのが同じ業種(業界)で、あなたが同業他社にも応募されていることを面接官が心得ているとすれば、その質問への答えは明確でなければいけませんね。 その答えは、あなたがその会社でどう働きたいかに寄ります。経験を積んで自己成長したいのか、あるいは切磋琢磨して自分の力を試したいのか、どちらの会社にそのフィールドがあるか、考えてみてはいかがでしょうか。


現在就活中です。10社ほど受けて、2週間前にA社から内定をいただき、内定の承諾期間が短いこともあり、すぐに承諾書を提出しました。そして先日、B社からも内定をいただきました。今現在としてA社とB社のどちらかとなると非常に迷ってしまいます。辞退するなら他の方へ席を空けるため、早い方がいいと言われますが、正直自分の将来に関わることなので簡単には決められません。ここは一旦、B社にも承諾書を出し、どちらもキープとさせていただき、就活を続けるのはありでしょうか?どうするべきか悩んでいます。ご意見をお待ちしております。

2020/06/13 16:58 作成

入社の意思が固まっていないのに内定承諾書を出すべきではありません。厳密に言えば、入社する事を誓約する事になり、法定拘束力が生じます。もっとも民法の労働契約上ではすぐ解約できるので強い拘束力はありませんけどね(笑) でも、それくらいの気構えでいて下さい。簡単に決められないというお気持ちは、たいへん良く分かります。ただ、ご縁があって内定を頂き、それを承諾されたのであれば、覚悟を決めましょう。大丈夫!きっとうまく行きます!自分を信じてあげて下さい。


大学4年の就活生です。昨日、電話にて内々定の連絡を頂いただき、その場で承諾したのですが、まだ内々定という事でお礼メールはお送りしていません。内々定でもお礼メールはお送りしたほうがいいでしょうか? 初めてのことばかりでわからないことが多々あります。よろしくお願いいたします。

2020/06/13 15:27 作成

電話で承諾した際にきちんとお礼を言っているのなら、特にメール送信は不要と考えます。内々定だからとかいう理由ではなく、メールで改めてお礼の気持ちを伝えたいとお考えなら、お礼メールを送ってみましょう。気持ちは伝わるものです。


web面接をする際にカンペを用意して見ることはよくないですか?カメラのすぐ後ろか手元にメモを置こうかと考えていますが、面接官からはわかってしまうものですか?目線が不自然にならないようにはしようと思っています。他にもweb面接で気をつけた方がいいことがあれば教えていただけると助かります。よろしくお願いします。

2020/06/13 10:39 作成

最近、AmazonでのWeb面接で、同じような相談を受けました。普通、面接でカンペを見ながら受け答えなんてしませんよね?(笑)オンラインでも基本的な考えは同じだと思います。ちなみに、目線はすぐわかりますよ。面接官はその辺りも想定済みです。